ニュース

川上未映子最新刊『夏物語』絶賛予約受付中

川上未映子さんの新刊長編『夏物語』が7月11日に発売になります。これまでの作品やエッセイで読者を魅了してきた筆力を総動員した一作になりました。

本作であらたに突きつけられる普遍的な問い──なぜ人は生まれ、人を生むのか生まれてくることの意味を問い、人生のすべてを大きく包み込む、泣き笑いの大長編をぜひご堪能ください。

※サイン本の予約は終了しました。

内容紹介

大阪の下町に生まれ育ち、小説家を目指し上京した夏子。38歳になる彼女には、ひそやかな願いが芽生えつつあった。「自分の子どもに会いたい」――でも、相手もおらんのに、どうやって?

周囲のさまざまな人々が、夏子に心をうちあける。身体の変化へのとまどい、性別役割をめぐる違和感、世界への居場所のなさ、そして子どもをもつか、もたないか。悲喜こもごもの語りは、この世界へ生み、生まれることの意味を投げかける。

パートナーなしの出産を目指す夏子は、「精子提供」で生まれ、本当の父を探す逢沢潤と出会い、心を寄せていく。いっぽう彼の恋人である善百合子は、出産は親たちの「身勝手な賭け」だと言う。

「どうしてこんな暴力的なことを、みんな笑顔でつづけることができるんだろう」

苦痛に満ちた切実な問いかけに、夏子の心は揺らぐ。この世界は、生まれてくるのに値するのだろうか──。

芥川賞受賞作「乳と卵」の登場人物たちがあらたに織りなす物語は、生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と泣き笑いの極上の筆致で描き切る。

予約ページ

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15915027/?l-id=search-c-item-text-05 
セブンネットショッピング
https://7net.omni7.jp/detail/1106989970 
honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29671251.html 

特設サイトでは、川上未映子さんご本人のコメントをご覧いただけます。

特設サイトへ
夏物語川上未映子

定価:本体1,800円+税発売日:2019年07月11日