高校生直木賞 参加28校の代表生徒たちの声(1)

高校生直木賞

高校生直木賞

高校生直木賞 参加28校の代表生徒たちの声(1)

第6回 高校生直木賞全国大会

4月28日に開催された第6回の本選考会では、28校の代表者が全国から集って議論が行われ、森見登美彦さんの『熱帯』が選ばれました。同世代の友と小説について語り合うことを経験した28人の生徒たちの感想文を3回にわけて掲載します。今回は、市立函館高等学校、函館工業高等専門学校、岩手県立盛岡第四高等学校ほか7校のご紹介です。

第一回 | 第二回 | 第三回

【第一回】

■市立函館高等学校(北海道)長部愛梨「本気で向き合っていることが伝わってきた」

■函館工業高等専門学校(北海道)小林洸太「もっと多くの本を読みたい気持ちに」

■岩手県立盛岡第四高等学校(岩手) 佐々木綾香「選考することの難しさを体感した一日」

■茨城キリスト教学園高等学校(茨城) 安達凜々子「感動した本を生き生きと語る姿に刺激を受けた」

■埼玉県立浦和第一女子高等学校(埼玉) 日下智恵「心の奥底から何かが湧き上がるかのような感覚」

■埼玉県立所沢高等学校(埼玉) 大澤優香「楽しみながら意見交換ができました」

■市川高等学校(千葉) 清水さくら子「どの学校も本気で来ているのが伝わってきた」

■晃華学園高等学校(東京) 矢野由夏「一冊の本から果てしなく広がる世界を知った」

■国際基督教大学高等学校(東京) 三上萌「高校生直木賞はいいことずくめです」

■芝高等学校(東京) 佐藤廉大「未だ知らなかった本の読み方を知った」

熱帯森見登美彦

定価:本体1,700円+税発売日:2018年11月16日