高校生直木賞 参加28校の代表生徒たちの声(1)

高校生直木賞

高校生直木賞

高校生直木賞 参加28校の代表生徒たちの声(1)

第6回 高校生直木賞全国大会

4月28日に開催された第6回の本選考会では、28校の代表者が全国から集って議論が行われ、森見登美彦さんの『熱帯』が選ばれました。同世代の友と小説について語り合うことを経験した28人の生徒たちの感想文を3回にわけて掲載します。今回は、市立函館高等学校、函館工業高等専門学校、岩手県立盛岡第四高等学校ほか7校のご紹介です。

国際基督教大学高等学校(東京) 三上萌「高校生直木賞はいいことずくめです」

 本が好きって素晴らしい! 私は高校生直木賞に参加して今までよりも更にこう思うようになりました。

 候補作を読むことによって今まで触れてこなかったジャンルに興味を持ち始めたり、相手に自分の考えを伝える事の難しさを学んだり、同じ本好きという共通点を持った友人ができたりと高校生直木賞はいいことずくめです。

 また、他校の代表の生徒の本に対する情熱に圧倒されました。発言から出る一言一言に熱い思いが込められていて、メモをとってもとっても全然追いつかないくらいでした。参加しないと絶対に思いつかなかったような意見や、自分が思っていたけれどうまく言い表せない思いなど、参加した全員がみなそれぞれ違ったおもしろい考え方を持っていて、それを聞いた分だけ自分の中の世界がどんどん深く広くなっていくように感じました。

 私の周りでは普段あんまり本を読まないという友達が多いのですが、これを機に周りに本好きを増やしたいと思います。高校生直木賞に参加して、本を読んで得られることは1つではないのだなと強く感じました。まだ高校生で時間もあり、学校に大きな図書館もある。この素晴らしい環境を大切にしないなんてもったいなさすぎる! と伝えたいです。

芝高等学校(東京) 佐藤廉大「未だ知らなかった本の読み方を知った」

 僕が一番、本選考会で印象に残っているのは他の参加校の人達の本に対する知見の広さである。

 まず、自分の学校では最初に判断基準(例えば、テーマ性や没入感など)を決めてそこから議論してどの本を選ぶか決めていった。しかし、本選考会での皆さんの視点の広い事広い事!

 例えば、自分達の学校では『ファーストラヴ』を少女の事件を解決していくと共に親子について考えるストーリーだと思っていた。しかし他の参加校の人には、これは主人公を軸とした恋愛がテーマだと言う人もいれば、少女の成長過程こそがテーマと言っている人もおり大変目から鱗だった。他にも、一番議論が盛り上がったであろう『熱帯』では自分は没入感などに対して言及したが、他の参加校の人達は装丁や本の構造、中にはある1ページのセリフから発言を出したり、自らキャッチコピーを考えてくる人もいた。こんなにも1つの本でも1人1人着眼点は違うという事を間近で見られた事がとても楽しかった。

 そして、やはり特筆すべきは皆さんの本に対する情熱であろう。最初は少し緊張気味だった場の空気が本の事を語っていく内にまるで夏のような熱気を感じられた。付箋のいっぱい付いた本を見せて語る人、感情が昂ぶって思わず立ち上がって喋る人などなど、これは本に対する並外れた情熱が無ければ出来ない事である。自身もすぐに感化され最後の『破滅の王』に対しての気持ちを表すときには思わず立ち上がってしまい、まるでミュージカルの役者のようになってしまった。

 自分はこの選考会から大いなる刺激を受け、参加者1人1人の観点に感化され多くの未だ知らなかった本の読み方を知った。昨今、高校生だけでなく本を読む人が少なくなってきているという。しかし、このイベントから本に興味を持ち読んでみようと思う人が1人でも増え、その本に対して喋ってみたり他人と本に対して意見を交換してみたりする事になればとても嬉しいと思う。


■市立函館高等学校(北海道) 長部愛梨「本気で向き合っていることが伝わってきた」
■函館工業高等専門学校(北海道) 小林洸太「もっと多くの本を読みたい気持ちに」
■岩手県立盛岡第四高等学校(岩手) 佐々木綾香「選考することの難しさを体感した一日
■茨城キリスト教学園高等学校(茨城) 安達凜々子「感動した本を生き生きと語る姿に刺激を受けた」
■埼玉県立浦和第一女子高等学校(埼玉) 日下智恵「心の奥底から何かが湧き上がるかのような感覚」
■埼玉県立所沢高等学校(埼玉) 大澤優香「楽しみながら意見交換ができました」
■市川高等学校(千葉) 清水さくら子「どの学校も本気で来ているのが伝わってきた」
■晃華学園高等学校(東京) 矢野由夏「一冊の本から果てしなく広がる世界を知った」
■国際基督教大学高等学校(東京) 三上萌「高校生直木賞はいいことずくめです」
■芝高等学校(東京) 佐藤廉大「未だ知らなかった本の読み方を知った」


第一回 | 第二回 | 第三回

熱帯森見登美彦

定価:本体1,700円+税発売日:2018年11月16日