特集

2020年「最恐」ミステリの誕生! 芦沢央『汚れた手をそこで拭かない』が発売前から話題沸騰中。

『汚れた手をそこで拭かない』(芦沢 央)

2020年「最恐」ミステリの誕生! 芦沢央『汚れた手をそこで拭かない』が発売前から話題沸騰中。

『汚れた手をそこで拭かない』(芦沢 央)

芦沢央著『汚れた手をそこで拭かない』が、9月26日に発売されます。
ぬるりと変容する日常から目を背けてはならない――。「取り扱い注意!」なミステリ5篇からなる独立短編集です。
既に作品を読んでくださった書店員の皆さまからも、「怖すぎる……」と反響が続々届いています。たくさんの方から頂いた熱烈なコメントから、一部をご紹介いたします。


とんでもない作品を読んでしまいました。どんなホラーよりも怪談よりも寒くなり、思い出してうなされるかもしれません。
(ジュンク堂書店滋賀草津店 山中さま)

読み終わって、頭がくらくら、心臓がドキドキしています。「極上の」という言葉がぴったりで、5篇すべてが☆5つです!
(TSUTAYA中万々店 山中さま)

誰しも、ちょっとしたことから泥沼へ落ちる可能性。そんな可能性から物語を編んでいく芦沢央という作家の凄みを見せられた気がします。これまでのどの作品より、怖さを感じさせられた一冊でした。
(本の王国南安城店 莨谷さま)

これは何だと追いかけているうちに「ストン」とハマってしまう。一気読みです! 日常の些細な出来事も深く考えてしまうようになりそうです。
(郁文堂書店庭瀬店 藤原さま)

人間の心の奥底を見透かされているような、そんな物語の数々。最後の一行で心臓が止まりそうになりました。寿命が縮みます。
(MARUZEN名古屋本店 竹腰さま)


本作の刊行を記念して、10月2日(金)に、芦沢さんによる無料オンライントークイベントを開催します!

日本推理作家協会賞の候補作にもなった収録作「ただ、運が悪かっただけ」を題材に、短編集の書き方についてみっちりお話いただく予定です。
詳細はこちらをご確認ください。
>>【オンラインイベント】芦沢央『汚れた手をそこで拭かない』刊行記念トークショー 短編ミステリのつくり方

また、「ただ、運が悪かっただけ」はnoteで全文公開中です。
下記バナーより、本の話noteでご覧ください!

 

汚れた手をそこで拭かない芦沢央

定価:本体1,500円+税発売日:2020年09月26日


 こちらもおすすめ
ニュース【オンラインイベント】芦沢央『汚れた手をそこで拭かない』刊行記念トークショー 短編ミステリのつくり方(2020.09.18)
ニュース9月26日発売の芦沢央短編集『汚れた手をそこで拭かない』から1篇をnoteにて先行公開!(2020.08.28)
インタビューほか思い込みの殻が壊せたら――住野よる×芦沢央が本気で語った120分(2019.12.24)
作家の書き出しブレイクスルー、その秘密は破壊と創造──芦沢 央(前篇)(2019.09.10)
文春ミステリーチャンネル【新刊案内】文春ミステリーチャンネル(2020年9月分)(2020.09.28)