発売情報

34人のシェフたちのコロナ禍での葛藤。そして未来を見据えて語ったこと『シェフたちのコロナ禍』ほか

「34人のシェフたちのコロナ禍での葛藤。そして未来を見据えて語ったこと『シェフたちのコロナ禍』ほか」をはてなブックマークに追加

『己丑の大火』『沢村さん家のたのしいおしゃべり』『星落ちて、なお』『シェフたちのコロナ禍』『西暦一〇〇〇年 グローバリゼーションの誕生』『台北プライベートアイ』

発売ラインナップ (2021/5/9~2021/5/15)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    己丑の大火
    著者名
    佐伯泰英
    発売日
    2021/05/10
    作品紹介
    女職人が主役の新シリーズ全四巻、単行本でも連続刊行中!
    文政12年、材木置き場の奥で燃え上がる炎――「己丑の大火」から照降町を守るため、佳乃と周五郎は決死の策に出る。感動の第二巻。
  • タイトル
    沢村さん家のたのしいおしゃべり
    著者名
    益田ミリ
    発売日
    2021/05/12
    作品紹介
    会って話せるって幸せだ。
    定年した父70歳、社交的な母69歳、彼氏ナシで実家暮らしOLの娘40歳。そんな沢村家の団らん、女子会トーク、立ち話が満載!
  • タイトル
    星落ちて、なお
    著者名
    澤田瞳子
    発売日
    2021/05/12
    作品紹介
    暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生
    鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。
  • タイトル
    シェフたちのコロナ禍
    著者名
    井川直子
    発売日
    2021/05/13
    作品紹介
    お店を守り、スタッフを守る――
    2020年春、そして2度目の緊急事態宣言を前にシェフたちは何を思い、どう動いたのか。コロナ禍での葛藤と未来への希望を描く。
  • タイトル
    西暦一〇〇〇年 グローバリゼーションの誕生
    著者名
    ヴァレリー・ハンセン 赤根洋子
    発売日
    2021/05/13
    作品紹介
    西欧人の知らない「未来の世界」が一〇〇〇年前に存在した
    西欧の大航海時代以前に、世界経済は既につながっていた! 西暦一〇〇〇年の世界各地を旅するように生き生きと描く、胸躍る歴史書。
  • タイトル
    台北プライベートアイ
    著者名
    紀蔚然 舩山むつみ
    発売日
    2021/05/13
    作品紹介
    丁々発止の会話が痛快な台湾ハードボイルド!
    劇作家兼大学教授の呉誠は鬱々として楽しまず、台北の裏路地に隠遁し私立探偵の看板を掲げるが、猟奇殺人犯の濡れ衣を着せられ……。