本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
読者からの感想が届いています! ほしのディスコ『星屑物語』

読者からの感想が届いています! ほしのディスコ『星屑物語』

『星屑物語』(ほしのディスコ)


ジャンル : #随筆・エッセイ

お笑い芸人パーパー・ほしのディスコさんが、これまで隠してきた素の自分をさらけだして綴った自伝的エッセイ『星屑物語』に、「たくさんの人に読んでほしい」という応援メッセージが続々と届いています。その熱い読者の声の一部をご紹介します。


『星屑物語』(ほしのディスコ)

生きるのも死ぬのもつらいときに読みたくなる本でした。影は笑えば陽になることもある、自分の運命を誰かのせいにするでもなく憎むわけでもなく受け入れながら歩んでいくことの大切さを教えてもらった気がします。(チータさん)


ほしのさんが生まれてからこれまで背負ってきたこと、大切な家族のこと、生きる意味とは、歌うこととは。加わったのは、命の話でした。誰にも言えずに、言わずに、心に仕舞い込んできた本当の気持ち、カミングアウトですね。明るいお笑いの世界とは真逆の物語、でも、流石に芸人さんです、ブラックユーモアや独自の思考でオチが面白くなってる!

ほしのさんの悲しみ、葛藤、夢、希望、思いが星屑となりキラキラと優しく降り注ぐ、そんな1冊です。(marupon_maruponさん)


読んでいて泣いたりクスッと笑ったり感情の振り幅がすごい作品でした。ほしのさんが初めて公にした病気の話は、読んでいて正直辛かったです。でも同じ病気と戦っているお子さんや親御さんたちにとって、ここまで綺麗な歌声をだされているほしのさんの姿は、希望の光だと思いました。必ず救われる人がいるはずです。その方々の手元に届いて欲しい。ネガティブだけど心の芯は強く努力して夢をひとつひとつ叶えていくその姿は素晴らしい。一成少年が生きる選択をしてくれてよかった。自分が苦しい時も家族のことを思う優しさが伝わってきました。(和香菜さん)


難しい言葉はなくて、ただ読みやすいだけではなくて、言葉のチョイスが絶妙で。しんみりとした話でもクスッとしてしまうこともありました。

いまや芸人のみならずアーティストとしての活動も広げているほしのさん。その裏に苦悩したこと、絶望したこと、それでも夢に向かって努力してきたこと。たくさんのことが秘められていたのですね。

人が生きていく指針のようなものが、ここにあるような気がしました。たくさんの人に読んでほしいです。(ネロさん)


内容もさることながら、装丁、帯コメントの手配、PRご担当の言葉、何から何までほしのさんへの心遣いに溢れていました。このような最高の形でほしのさんの初書籍を手にできたこと、とても嬉しく思っております。(理生さん)


ほしのさんの子供の頃のお話、コンプレックス、想像を絶する戦い、ご家族とのこと、お笑い芸人のこと、彼女、今まで表に出すことのなく見えなかった部分がさらけ出されていて、一気に読んでしまいました。この本で勇気を貰える人が沢山いると思います。たくさんの人に読んで欲しいと思います。(ちーさん)


とにかく読みやすかったです。

大人になってから読書をしなくなってしまった私でもすらすら読めました。

ですが、途中から涙が止まらなくなり呼吸困難になったほど本を読んで泣いたのはこれが初めてです。

そして内容がとても重たくて、でもそれでも読みたいと思える文章でした。

なんというか、言葉によって重たい内容を軽くしてるのではなく、重量そのままで受け取りやすくなっているような印象を受けました。大号泣してる間は今後番組などでほしのさんを見て笑えるのだろうかと思ってしまいましたが、本を全て読み終えたあと不思議と清々しく前向きな気持ちになれたので、ほしのさんで大笑いできる自信しかありません!(ゆかさん)


お笑い芸人として、人を笑わせる側の人間であるほしのディスコさんに、こんな苦しい過去があったなんて、読んでいて自然と涙がこぼれました。

悲しみを抱えながらも、人を笑わせながら、目標を見失う事なく、夢を叶えていく姿がかっこよすぎます。

この本に出会えて良かったです。(ままさん)

単行本
星屑物語
ほしのディスコ

定価:1,540円(税込)発売日:2023年04月24日

電子書籍
星屑物語
ほしのディスコ

発売日:2023年04月24日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る