作品紹介

ガンの病床で作ったのも、俳句でした。

俳句の話から、縄文、仏教、懐かしのプロレス話に
あの人との逸話まで――縦横無尽に綴った仰天エッセイ!

リンパがんのステージⅢと診断され、ほとんどの連載もお休みに。
そんな中で綴ったのは、長年秘かに続けていた俳句について。
「俳句の季語は縄文である」と語る夢枕獏が、ずっと考えてきたこと、
今書いておきたいことを詰め込んだ“夢枕節”炸裂の闘病×俳句(⁉)エッセイ。

【目次】
第一回  真壁雲斎が歳下になっちゃった         
第二回  尻の毛まで見せる
第三回  オレ、ガンだからって、ズルくね
第四回  「おおかみに螢が一つ――」考
第五回  翁の周辺には古代の神々が棲む
第六回  すみません、寂聴さん書いちゃいました
最終回  幻句のことをようやく
補遺   野田さん
あとがき 言葉の力・そしてあれこれ

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
夢枕さんから「体調が悪いので連載を休ませてほしい」と編集部にお電話をいただいたのは2021年3月のことでした。その後に出た検査結果は悪性リンパ腫のステージⅢ。抗がん剤治療を行うため「陰陽師」もしばらくお休みすることに。そんな中、「入院中に作った俳句のことを書かせて下さい」とお話をいただいて始まったのが、この「仰天・俳句噺」でした。

抗がん剤にご体調が左右される中で、文体に異様なアクセルがかかっている時もあれば、ままならない自身の身体に弱気が覗くことも……。それらもすべて曝け出す覚悟で綴られたこの連載のことを、夢枕さんは「30年ぶりの“仰天文体”だ!」と仰います(『仰天・プロレス和歌集』『仰天・文壇和歌集』を懐かしく思い出した方は本書をぜひ)。
がん寛解の知らせをいただいた時は本当にほっとしました。その時の夢枕さんの心情も、連載でリアルタイムに綴られています。
夢枕獏はなぜ俳句に行きついたのか。「季語は縄文である」とはどういうことか。仏教、ヒマラヤ、プロレスに、懐かしいあの人のこと――。“作家・夢枕獏”がいま感じていること、これまで考えてきたことを丸ごと覗くような一冊になりました。

目次
第一回  真壁雲斎が歳下になっちゃった         
第二回  尻の毛まで見せる
第三回  オレ、ガンだからって、ズルくね
第四回  「おおかみに螢が一つ――」考
第五回  翁の周辺には古代の神々が棲む
第六回  すみません、寂聴さん書いちゃいました
最終回  幻句のことをようやく
補遺   野田さん
あとがき 言葉の力・そしてあれこれ

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る