2010.06.20 書評

首相の理性と国民の感性

文: 山内 昌之 (東京大学教授)

『日本人へ 国家と歴史篇』 (塩野七生 著)

  鳩山由紀夫首相が辞任した。その実質的な在職日数は、細川護熙氏の二百六十三日より一日少なく、ライヴァル心をむきだしにした安倍晋三氏の三百六十六日や福田康夫氏の三百六十五日、それに麻生太郎元首相の三百五十八日には百日ほど及ばなかった。新憲法下で五番目の短命首相にほかならない。当人も幸夫人も内心こんなはずではなかったと思っているはずだ。塩野さんは『日本人へ 国家と歴史篇』に収められたエッセイで、参院選挙に大敗した安倍晋三氏の首相続投やむなしという論を立てている。というのは、猫の目のように首相が代っていた小泉純一郎氏以前の時代に戻ることには、いまの日本はもはや耐えられない状態にあるからだというのだ(「安倍首相擁護論」)。

 しかし、この期待を裏切って日本政治はその後、福田、麻生、鳩山と政権交代も交えて一年くらいで首相をすげかえてきた。塩野さんも、その間に、いい加減日本の政治の体たらくに愛想が二度も、三度も尽きたことだろう。年老いてもなお盛んなベルルスコーニ首相の国に住む彼女からすれば、日本の首相は大衆民主主義時代の有権者の心理が分かっていないという見立てになる。そもそも女はなぜ男に惚れるのか、を考えたことがあるのだろうか、と。ここでの彼女の指摘は、日本の国民や政治家にも学ぶべき点が多い。

 そもそも有権者とは、「何をやったか」で支持するのではなく、「何かやってくれそう」という想いで支持を寄せる、と塩野さんは看破する。業績もさることながら、期待感で票を投じる人びとが多いのだ。業績で投票するのは、政治的センスをもった一部少数の有権者か、それとも歴史家なのか、でなければ歴史家的なセンスを兼ねそなえた新聞記者だけと考えたほうがよいというのである。 「歴史家」のはしくれとしては、汗顔のいたりでもあるが、彼女の指摘はまず正しいだろう。というのも、塩野さんは巧いことを述べている。政治とは、感性に訴えて獲得した票数つまり権力を、理性に基づいて行使していくものだからだ、と。彼女は、安倍氏がこの種の感性と理性を冷徹に使い分ける技の重要性に無関心のようだと指摘しているが、同じことは鳩山由紀夫氏にもあてはまるのではないか。

日本人へ 国家と歴史篇
塩野 七生・著

定価:893円(税込) 発売日:2010年06月18日

詳しい内容はこちら この本の特設サイト