書評

揺らぎなき視点

文: 手嶋 龍一 (作家・外交ジャーナリスト)

『日本人へ リーダー篇』 (塩野七生 著)

  鬱蒼(うっそう)とした森の道を行くと、やがて木造りの尖塔が見えてきた。質素なロシア正教会だった。この教会を取り囲むように鮮やかな色どりの屋並みが森のなかに点在している。十九世紀のロマノフ王朝の町がひっそりと息づいていた。

 だが、そこは大都市ニューヨークの通勤圏でもあるロングアイランド半島の亡命者たちの町だった。一世紀近くも前にロシア革命を逃れてサンクトペテルブルクの郊外から移り住んだ白系ロシア人の集落だ。郷里の美しい白樺林が忘れられなかったのだろう。革命で逐(お)われた故郷に似せて同じ街並みを再現し、守護神への堅い信仰を拠りどころに日々の暮らしを営んできた。ロシア正教会のミサで出会った人たちは、故国では喪(うしな)われて久しい、端正で古風なロシア語を話していた。

 だが、亡命ロシア人の末裔(まつえい)たちは、言語の孤島に閉じこもっていたのではない。新大陸の文明の波にもまれながらも、美しいロシア語を守り育て、豊かな精神を次の世代に伝えていった。烈風にしなうベリョースカ(白樺)にも似て、新しい大地に根を張って、亡命者のコミュニティは生き続けた。その証拠に、ソ連の崩壊後、ここから祖国に再帰還する者が相次ぎ、新生ロシアを担う人材を数多く輩出している。

「文藝春秋」本誌に連載された時には気づかなかったのだが、『日本人へ リーダー篇』として編まれた本書を読んでみると、塩野七生という作家があの亡命ロシア人たちと二重写しになった。日本から遥か離れてイタリアに永く暮らしていることで、故国を見つめる視点に揺らぎがない。明治維新をやり遂げ、先の大戦の廃墟からも立ちあがった日本がなぜいま不振に喘(あえ)いでいるのか、日本の些事(さじ)に関わっていないがゆえにその視線は澄んでいる。

 森に潜む白系ロシア人の末裔たちに、チェーホフの戯曲の登場人物が棲(す)みついているように、『ローマ人の物語』の著者はユリウス・カエサルを心の友にしている。それだけに、この国から真に指導者の名に値する一群が消えてしまい、国際舞台で日本の存在が軽いものになっている現状に、さぞ歯がゆい思いをしていることだろう。だが、塩野七生はもはや既成の政治指導者にではなく、若い世代に希望を託しているようにみえる。日本の明日を担う人々にこれだけは言っておきたい――そんな思いが行間に滲(にじ)んでいる。

日本人へ リーダー篇
塩野 七生・著

定価:893円(税込) 発売日:2010年05月20日

詳しい内容はこちら この本の特設サイト