書評

運命に身を委ねず、断固とした積極性の擁護を呼びかける強さ

文: 佐々木 毅 (元東大総長)

『日本人へ 危機からの脱出篇』 (塩野七生 著)

 本書は「やらないで後悔するよりも、やって後悔するほうがずっとよい」という題辞から始まる。これはニッコロ・マキアヴェッリの言葉である。塩野氏は『わが友マキアヴェッリ』という著作で知られているように、マキアヴェッリに通暁した人である。私事ながら、数年前、塩野氏と歓談した際、拙著『マキアヴェッリの政治思想』(1970年刊)をかつて読まれたと聞いて甚だ恐縮したが、私の方も『わが友マキアヴェッリ』の文庫本の解説を書かせていただいた記憶がある。そういうこともあって、本書を手にした時、「おお、マキアヴェッリが登場したな」というのが私の第一印象であった。

 しかし同時に、この題辞には塩野氏の日本人へのメッセージが要約されている。マキアヴェッリは危機の時代の思想家であると共に、諦めて運命に身を委ねることを潔しとしなかった思想家だが、本書を貫く1つのモチーフは断固とした積極性の擁護とそれへの呼びかけである。先程の題辞をもじれば、「後悔するのが怖いから何もしないでおこう」ではダメだということである。このうじうじした消極性と後ろ向きの自己弁護の傾向を爽快に切って捨てるところに本書の1つの特徴があることは間違いない。「若者たちへ」「内定がもらえないでいるあなたに」「『スミマセン』全廃のすすめ」「今こそ意地を見せるとき」など、手に取ってみれば直ぐに分かる。

 しかし同時に理解しなければならないことは、本書は決して何か1つの支柱に寄りかかって、こうした人間的現実を批判し、切って捨てているわけではないことである。問題は常にわれわれの具体的な選択肢に関わるものであり、「〇〇イズム」といったもの(ご神体)を振り回すこととは違う。日本人は多神教だからこうした傾向とは無縁だとの思い込みに対して、塩野氏は「『がんばろう日本』はどこに行った?」の中で、「絶対安全」が神話であることが明らかになった中で、「絶対安全」を求め続けることによる「風評被害」の広がりを指して、「日本人の残酷さに直面して愕然としている」「何という卑劣な残酷さ」と断言している。彼女によれば絶対安全神話から卒業することによって風評被害の加害者であることからも卒業し、力を併せてがれきなど、難問を解決すべきだという。ここでも出口は具体的であり、抽象的な空回り型議論とはおよそ無縁である。この背後には「絶対」的なるものが、誤魔化しや残酷さと隣り合わせになっているという冷静な視線が見られる。この議論もマキアヴェッリを思い出させる。

【次ページ】危機意識の政治的統合を

日本人へ 危機からの脱出篇
塩野七生・著

定価:850円+税 発売日:2013年10月18日

詳しい内容はこちら