文春写真館

高倉健に「本を読め」とアドバイスした内田吐夢

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

高倉健に「本を読め」とアドバイスした内田吐夢

 本名内田常次郎。明治三十一年(一八九八年)、岡山市生まれ。生家は和菓子屋を営んでいた。十代半ばで横浜のピアノ製作所につとめに出る。このころのあだ名がトムであり、後に俳優デビューにあたって芸名とする。

 大正九年(一九二〇年)、大正活映に入社、助手となる。俳優を兼ね、「喜劇・元旦の撮影」に主演する。衣笠貞之助と共同監督で監督デビューを果たす。昭和八年、日活多摩川撮影所に移り、「人生劇場」「限りなき前進」「土」などを制作、監督としての地位を固めた。

 戦争末期の昭和二十年、「陸戦の華・戦車隊」を撮影しようとして旧満州にわたるが、すでに戦車はなく、断念する。終戦に際して、満州映画協会の理事長だった甘粕正彦の自決現場に居合わせた。中国に抑留され、昭和二十八年に帰国、東映に入社する。「血槍富士」でカムバックをはたし、「大菩薩峠」「宮本武蔵」といった時代劇大作をてがけた。

 内田が目をかけていた若手の一人が、高倉健だった。内田の指導はかなり厳しかったといわれるが、後年、高倉は監督を「自分に背骨を入れてくれた人」と語っている。アイヌ民族の悲劇を描いた「森と湖のまつり」(昭和三十三年)は、二人が初めて組んだ作品。内田は高倉健にこうアドバイスした。

「時間があったら活字(本)を読め。活字を読まないと顔が成長しない。顔を見れば、そいつが活字を読んでいるかどうかがわかる」(高倉健著『想』より)

 そして、「飢餓海峡」(昭和四〇年)は戦後の日本映画を代表する名作である。高倉健は、犯人の主人公三國連太郎を、伴淳三郎とともに追う刑事を演じた。「飢餓海峡」は東映が興行上の理由から監督に無断でカットし、上映されたため、内田はクレジットから名前をはずすように要求。これがもとで、東映を退社する。晩年は明治の将軍・乃木希典の映画化を構想していたが、実現しなかった。

「わたしは自分の職業が、いつもものを設定して、考え、動かすという商売でしょう。だから、想像の世界と現実の世界がよく交錯することがあるんです。長年、わたし自身が自分の設定の中でキリキリまいしてきているだけに、乃木さんが危機の頂点に自分をおいたんじゃないか、その困難をとびこしてみたい、というのがひじょうによくわかる」(「週刊文春」昭和四十三年十二月十六日号「大宅対談」より)

 昭和四十五年没。写真は昭和四十三年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004