2004.08.20 書評

ラテン系クライムノベル

文: 村上 貴史 (評論家)

『サウダージ』 (垣根涼介 著)

 二〇〇〇年にサントリーミステリー大賞を『午前三時のルースター』で獲得してデビューした垣根涼介。彼は、昨年発表した第三作『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞の三冠を獲得した、現代日本ミステリ界において最も勢いのある作家の一人である。だが、彼は三冠というポジションに安住したりはしなかった。第三作までの勢いのままに、さらなる飛躍を遂げたのである。

 この『サウダージ』は、垣根涼介にとって五冊目の単行本であると同時に、アキという若者を中心人物とした三冊目の著作でもある。アキ――ゴツい肉体にスマートな知性を宿したその男は、垣根涼介の第二長篇『ヒートアイランド』で初登場した。この緊張感に満ちたクライムノベルの痛快作において彼は、クレバーな相棒と二人で渋谷を仕切るストリートギャングのトップとして描かれた。後に彼は、相棒とのコンビを解消し、渋谷の事件で知り合った柿沢と桃井という二人組の犯罪者に招かれ、彼等の一味に加わることになる。アキがアンダーグラウンドを流れる金を奪うプロフェッショナルとして生きていく道で第一歩を踏み出すまでの修行の模様は、前作『ギャングスター・レッスン』に詳しい。ここで五項目のレッスンを重ねたアキは、本書において、いよいよプロとして本格的な“仕事”を開始することとなった。

 高木という男がいる。柿沢がかつて裏金強奪のプロフェッショナルとして育成すべく指導したが、最終的に信頼できないと採用を見送った男だ。八年前に縁を切ったはずのその高木が、麻薬取引に絡む一億六千万円のヤマを持ち込んできた。彼は、愛人の娼婦DDとともに、彼女の故郷コロンビアへ移り住むための金を得たいのだという。どうにもうさんくさい話――だが、飛び入りのDDに打合せを引っかき回された結果、彼等はその“仕事”を推進するという結論に至ってしまった。柿沢、桃井、アキ、そして高木。それぞれが四千万円を手中に収めるべく、プランは進んでいくが……。

 巧い。そして、それ以上に熱い。

 やはり垣根涼介、只者ではない。

 まず、単純にアキの初めての大仕事となっていない点が巧い。『ヒートアイランド』『ギャングスター・レッスン』に続く作品という意味では、アキをもっと中心に据えてもいいのだろうが、垣根涼介はそうしなかった。アキと同様に教育されながら、最終的に柿沢に放逐された高木を、アキにぶつけているのである。しかも、本書に限れば、高木はアキ以上の重みで描かれているのだ。そうすることで、シリーズキャラクターであるアキと初登場の高木が同じ影の濃さで対比されるようになり、その結果として、ポリリズムのビートに身をゆだねるような心地よさが生まれているのである。こうしたバランス感覚のよさは、第二作『ヒートアイランド』のころから既に明らかではあったが、本作では、その手腕にますます磨きがかかったことがよく判る。

【次ページ】

サウダージ
垣根涼介・著

定価:本体629円+税 発売日:2007年08月03日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか池上冬樹×瀧井朝世×村上貴史 「教養主義からエンタメの時代へ(後編)」(2014.04.21)
インタビューほか池上冬樹×瀧井朝世×村上貴史 「教養主義からエンタメの時代へ(前編)」(2014.04.15)
書評解説――小説家・永瀬隼介にとって重要な節目となった一冊(2013.11.25)
書評極上のスリルを愉しもう(2013.11.08)