文春写真館

女の強さを体現し作品に昇華した宮尾登美子

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

女の強さを体現し作品に昇華した宮尾登美子

『陽暉楼』『鬼龍院花子の生涯』『寒椿』……土佐の花街や極道たちと、妖艶な女たちの世界。映画のあまりにも強烈な印象から、原作者の宮尾登美子とその作品も同様にイメージされがちだが、実際は少し異なる。

 大正十五年(一九二六年)高知市生まれ。実家は遊郭の芸妓紹介業で、特異な環境で育ったことは、自伝的作品でもつぶさに描かれている。高等女学校を卒業し、国民学校の代用教員となるが翌年には同僚と結婚。長女を出産後、満洲に渡る。敗戦により引き揚げた後、結核を患う。

 快復後、様々な仕事をしつつ小説を書きはじめ、昭和四十八年(一九七三年)『櫂』で太宰治賞を受賞。昭和五十四年に『一絃の琴』で直木賞、昭和五十八年『序の舞』で吉川英治文学賞を受賞。以後の華々しい活躍は知らぬ人もないほどだ。

 写真は平成十七年(二〇〇五年)、『宮尾本 平家物語』がNHKの大河ドラマになり、歴史家の山内昌之氏との対談時のもの。清盛の妻・時子の政治力や責任感、包容力などに瞠目した山内が「彼女の度胸がすごい。ここ一番というところで女性は強い(笑)」と言うと、宮尾は「天皇擁立の陰には、さまざまな女たちの深謀遠慮があったに違いないと思います」と答えている。

 宮尾は作中で、時子に清盛のことを、

「殿は一度怒れば恐いお方なれど、日ごろは至ってお気の小さいやさしいお方じゃ。私はいつもお仁王さんの体に鶉(うずら)の肝じゃと申しておる」

 と言わせ、清盛もそうした女たちに「背筋の寒い思い」を抱いている。

 また映画「鬼龍院花子の生涯」では、夏目雅子が演じる松恵の「なめたらいかんぜよ」という台詞が有名になったが、原作にはその台詞はない。命を張った男たちの世界では一人前には扱われず、人前に出ることもなく、ただおとなしく陰で家事をし、男の命令に従っている。けれども、つめた小指の血しぶきや、半分に吹き飛ばされた頭蓋骨にも淡々として、男たちの興亡を冷静に観察し、自分の進路を見据えていた。

 平成二十六年十二月、八十八歳で老衰のため死去。男女平等や女子力、「輝ける女性」など想像もつかないような男尊女卑の時代に生き、それに黙々と従いながら、着実に自分の道を計画し実行するという、底なしの女の強さを体現し、作品に昇華した生涯だった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004