書評

真央、頑張れ

文: 宇都宮 直子 (ノンフィクション作家)

『浅田真央、20歳への階段』 (宇都宮直子 著)

 浅田真央の本を書いた。『浅田真央、20歳への階段』という本だ。小著『浅田真央、15歳』から数えて五冊目、これがシリーズ最後になる。

 はじめは一冊だけのつもりだった。長く続けられたのは、浅田の魅力と周囲の熱意に尽きる。貴重な五年により添い、さまざまなシーンを綴ってこられたことに、心から感謝している。

 十五歳の頃の彼女は、まるで花のようだった。愛らしく、明るく、無垢で、スケートがとても上手だった。


 リンクにいるときは、楽しそうだった。何かができないとか難しいとか。そんなふうには、まったく考えていなかった。いつも「できる」と言っていた。

 まだダイエットは始めていなかった。ステーキや焼き肉やお寿司、お菓子などを、美味しそうに、たくさん食べた。

 びっくりするくらい、よく笑った。ときどきは、目に涙があふれるまで笑った。何がおかしいの、と訊くとますます笑って、話がうまくできない日もあった。

 冷房の利いた店で、かき氷を食べたら寒くなった。ケーキを食べたら、額にニキビができた。そんな些細なことを、彼女は笑っていた。笑顔が、ほんとうにかわいらしかった。よく覚えている。

 浅田はその後、すぐに注目を集め、国民的なスターに成長していった。スケートに対する姿勢は、より真剣さを増し、アスリートらしい苦悩にも直面するようになった。そして、いつからか、前のようには笑わなくなった。

 もちろん、それは大人になったからかもしれないし、競技者としての自覚かもしれなかった。ただ、ときおり、彼女はため息もついた。「あーあ」と言うこともあった。

 勝負の世界に生きる厳しさを、彼女のまなざしに感じる。疲れているようにも悲しげにも見えた。そんなときは、いつも言った。

 真央、頑張れ。

 頑張っているのは、十分に知っていたけれど、ほかに掛ける言葉が見つからなかった。バンクーバーオリンピックのシーズンには、とくに。

浅田真央、20歳への階段
宇都宮 直子・著

定価:1470円(税込) 発売日:2011年03月16日

詳しい内容はこちら