文春写真館

「週刊朝日」を百万部雑誌にした扇谷正造

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「週刊朝日」を百万部雑誌にした扇谷正造

 評論家の大宅壮一は、文藝春秋の池島信平、暮しの手帖の花森安治とならんで、朝日新聞の扇谷(おうぎや)正造を、「戦後マスコミの三羽烏」の一人にあげた。

 扇谷正造は、大正二年(一九一三年)、宮城県生まれ。東京帝国大学文学部を卒業後、朝日新聞社に入社。青森、仙台支局を経て社会部に配属される。昭和十三年(一九三八年)、戦争特派員として中国に渡る。昭和十六年、再度戦争特派員として、台湾、フィリピンに渡る。昭和十九年、応召。中国の漢口付近で終戦を迎える。

 復員後の昭和二十二年、「週刊朝日」編集長に就任。辰野隆博士の連載対談「忘れ得ぬことども」を始めて評価を得るなど、雑誌作りに手ごたえを感じるようになる。

 翌年六月、太宰治は、山崎富栄と心中する。このとき、扇谷は彼女の日記を独占入手、「週刊朝日」に発表する。このスクープで雑誌は完売を記録し、「週刊朝日」は以後飛躍的に部数を伸ばすこととなる。昭和二十六年から始まった徳川夢声の連載対談「問答有用」は、絶大な支持を得た。

 昭和二十八年、第一回菊池寛賞を受賞。この頃の発行部数は約三十万部だったが、昭和三十三年の新年特別号は、百五十万部以上を刷ったといわれる。新潮社や文藝春秋など各出版社も、次々と週刊誌を創刊し、週刊誌時代の到来といわれた。

 学芸部長や、論説委員を担当し、昭和四十三年、朝日新聞社を退社、フリーとなる。朝日新聞社を去るに当たって、扇谷は、ジャーナリストは現代史の目撃者たれとの言葉を残した。

「現代は、情報洪水の時代である。インフォーメーションは街にあふれ、むしろ情報過多時代ともいえよう。そして、ジャーナリストはともすれば、それに巻きこまれ、流されがちである。立ちどまって、何が、現代史を形成しつつあるか、そこのところを、しっかり、みつめてデータを選択して欲しいのである」(「文藝春秋」昭和四十三年五月号「ニュースとともに三十三年」より)

 インターネット隆盛で当時とは比較にならない情報過多の今日、ジャーナリストは、それでも現代史の目撃者たりえているだろうか。

 扇谷は平成四年(一九九二年)没。写真は昭和五十四年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004