書評

時代と土地とふたりの少女

文: 古屋 美登里 (翻訳家)

『橋』 (橋本治 著)

  これまでわたしは「小説の文章」に親しんできた。別の世界に誘い、異なる空間の扉を開き、新しい世界を見せてくれる文章に。多くの小説は、冒頭の文章から違う世界の衣を纏(まと)っているので、安心してその世界に遊ぶことができた。たとえば、「春琴、ほんとうの名は鵙屋(もずや)琴、大阪道修町(どしょうまち)の薬種商の生まれで歿年は明治十九年」と始まる『春琴抄』や、「幼時から父は、私によく、金閣のことを語った」と始まる『金閣寺』には、物語の約束事に基づいたトーンがあって、その流れに乗っていくだけでよかった。

 

 本書の冒頭の文章も、紛れもなく小説の衣を着ている。

 

「雨の季節は美しい。厚い雲の向こうに透き通った夏の光があって、そこから透明な光を宿した雨の滴が、広野の上に降り注ぐ」

 

 ところが話が進むにつれて、小説の衣の下から違うものが見えてくる。

「ピンク・レディーがデビューをした年は、二年前に総理大臣を辞任した男が、受託収賄と外為法の違反容疑で逮捕された年だった」「『日本列島の改造』を叫んで総理大臣になった男は、中央の金を地方にばら撒く段取りをつけて、表舞台から姿を消した」というような、ドキュメンタリー風の文章――主観を一切排除し、歴史的事実を俯瞰(ふかん)的な視点から見た文章――が入り込んでくる。これはカポーティが『冷血』を描いたときに使った文体とも違う。少なくともカポーティの文章からは、対象に対して尋常ならざる共感を抱いていたことが窺(うかが)えた。

 物語は一九八一年、冬になれば雪に閉じこめられる北国の小さな町に住む、ふたりの少女の小学生時代から始まる。小学三年生の田村雅美は、運動神経が鈍く同級生からは疎(うと)まれたり、仲間はずれにされたりしている。友だちに邪険にされ、怒りのあまり自分の傘と長靴を橋の上から投げ捨てたりもする、激しい気性の持ち主だ。小学一年生の大川ちひろは、親からバレエを習わせられ、母親の言うことを素直に聞く子で、母親の期待を一身に背負っている。とはいえ、ふたりとも教室の隅の方にいるのが似合うようなタイプだ。


橋本 治・著

定価:1470円(税込) 発売日:2010年01月28日

詳しい内容はこちら