インタビューほか

主人公の声を聞くみたいにして書いた

青木 千恵

『勝手にふるえてろ』 (綿矢りさ 著)

結婚する人としない人

──主人公は綿矢さんと同い年ですが、書きながら、二十六歳はどんな年齢だと思いましたか。

綿矢  ちょうど分岐点みたいな感じはします。十代は一年一年が大事だったんですけれど、二十代は一年一年という感じじゃなくて、私の感覚だと、二十一から二十四、二十四から二十七、二十七から三十、若い、まだまだ大丈夫、そろそろやばいと(笑)、十代の頃より年数が固まり、グラデーションで徐々に上がっていくようだと思います。

──ニに告白され、〈私が彼をまったく愛していないにもかかわらず、私が将来結婚するかもしれない相手だ〉と、良香は、結婚を強く意識している。デビューの頃には遠い問題だった「結婚」を、綿矢さんはどう思っていますか。

綿矢  まあ、今でも遠いんですけれど(笑)、周りは結婚する人としない人が分かれて、親によって言うことも違い、本当にさまざまです。私自身は、二十歳くらいのときは結婚なんてだいぶ遅くていいと思っていましたが、酒井順子さんの『負け犬の遠吠え』を読んだり(笑)、婚活、アラサー、アラフォーとか、世の中の言説の影響を受けるから、そろそろ考えなきゃあかん年齢なのかな、というところに立っています。ただ、好きな人と結婚しないのは悪いこと、妥協するのはよくないこととする風潮がありますが、この小説のように、純粋な片思いを貫いていたら、結婚が実現しないこともある。人間も動物なのに、好きという気持ちが種の繁栄に繋がらへんということもあるのは、不思議やなあと。

──小説で、自分の年代を書いている。

綿矢  実は三年くらい下の年代が書きやすいですが、今回は、主人公が結婚をとても意識していて、二十三歳で結婚、結婚、と言っているのは変わった子になるから、同じ年齢にしました。「高齢処女」という設定からも、二十六歳にしました。別に主人公が「高齢処女」じゃなくてもよかったんですが、その方が、イチへの思いがより強く積み重なっているかなと。誰かと一度でも付き合っていたら、やっぱり、思い出に近い恋に変質していたでしょうから。

勝手にふるえてろ
綿矢 りさ・著

定価:1200円(税込) 発売日:2010年08月28日

詳しい内容はこちら この本の特設サイト