特集

老けてみえる色は何? 深い眠りにさそう色は? 色は生命なり、力なり

『色の秘密 色彩学入門』 (野村順一 著)

 色彩は人の心と体に大きな影響をもつ、そして私たちの体の器官は、それぞれ特定の色彩を持っている――このような問題提起から『色の秘密』は書かれました。著者の野村順一さんは、日本の商品学の草分け的存在。本書は快適色彩生活入門のバイブルとして、長く読みつがれてきたのです。  いますぐあなたの生活に取り入れることができる、ちょっとした工夫で日々の暮しが溌剌としてくる。そんな色にまつわる秘密をいくつかご紹介しましょう。

『色の秘密 色彩学入門』 (野村順一 著)

眠りにさそう色は何色?
青はリラックスさせ、深い睡眠に誘導することができる。また落ち着きをうながし、心身の回復力を高める。寝室には青いカーテンや照明を取り入れるなど、効果的に青を使ってみてください。

好きな人と一緒にいるときは、どんな色合いの部屋がおすすめ?
ピンクのカーテン・真っ赤なじゅうたん・オレンジ色のソファ…暖色系の部屋では時間の経過が長く感じられるのです。

白と黒のスーツケース。軽く感じられるのはどっち?
明るい色ほど軽く、暗い色ほど重く感じる。色の明度は一番軽重感に強くはたらきかけるのです。同一のスーツケースでも、白いスーツケースのほうが、ずっと軽く感じられます。

若く見せたいときは何色を着る?
ずばり、ピンクです。ピンクのブラウスを着て、ピンクのカーテンの部屋で生活すると、見た目や体が若返り、人柄まで愛らしく、目のさめるような美人になるのです。お試しあれ。

子ども部屋は何色でまとめるといい?
新陳代謝を活発にし、生命力をつくる色でしかもリラックスさせる青など、寒色系がよい。ただし単調ではなく、何色かまざり柄も立体的なプリントをカーテンなどに取り入れたりするのがポイント。

老けてみえる色は何色?
黒い衣服ばかり着続けると、肌がしなびてくるのが目に見える。同じことは下着にも言えて、黒い下着を愛用すると、まったく光を透過しないので、肌がしなびてくるし老け込んでしまうのです。健康をたもつなら白の下着です。

和室はどうしてリラックスできるの?
和室の視空間の70%を占めるベージュ色は、気持ちを落ち着かせリラックスさせ、さらには長生きする住まいの条件を満たしているのです。

仕事がうまくいかないときは何色の服?
うまくいかないとき、用事を言いつけられたくないときは、できるだけ目立たないグレー。オフィスでは、くすんだ色がなじみやすい。それから紺色は、なぜか利口に見えるという得な色なので、面接では紺色が優勢なんです。 

 

 これ以外にもまだまだある「色の秘密」。色のパワーを上手に取り入れて、あなたの“快適色彩生活”を実践してみてくださいね。

色の秘密 色彩学入門
野村順一・著

定価:本体700円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特設サイトNHK Eテレ「心と脳の白熱教室」で放送され話題となったエレーヌ・フォックス『脳科学は人格を変えられるか?』が文庫化!(2015.07.24)
書評最新の科学研究から導き出された 希望を達成するためのテクニック(2015.06.04)
書評卒業アルバム時点で離婚率がわかる!? 未来を見抜く、外見の「手がかり」(2014.11.17)
書評脳トレ・ブームに騙されるな!(2014.08.16)
書評直感的すぎる時代への処方箋(2011.01.20)