インタビューほか

1300年前から、温泉=パワースポットだった!

「本の話」編集部

『恋に効く パワースポット温泉』 (山崎まゆみ 著)

温泉選びは「問診」と「処方箋」

山崎 鋭いですね(笑)。そこがやっぱり温泉の懐の深さで、この3章立てのストーリーは、結局、無意識のうちに湯治のプロセスを踏襲したものだったと、作りながら気づきました。とはいえこの仕事を続ける中で、女性からは、恋にまつわる温泉指南を求められることがとても多かったんです。わたしは恋愛の達人などからは程遠いのですが(笑)、温泉は自信をもっておすすめすることができます。ただやはり、ひとりひとり「どういうシチュエーションで」「ひとりも含め誰と行きたいか」「一番の目的は何か」などの聞き取りが大事だなと思っています。それによって選ぶ場所が全く違ってくるんです。だからこれまで受けた相談を掘り返し、その回答として温泉地を紹介することにしました。

──「心がかさかさのときは○○」や「倦怠期のふたりは○○」など、「問診」と「処方箋」みたいで面白いですよね。

山崎 妙齢の女性たちには、無意識に魅かれた温泉地によって、自分が今どういう状況なのかが知れてしまうから、「心理テスト」で見抜かれてしまうみたいで、ちょっと怖いとも言われました(笑)。

──しかも、それらの温泉地は、山崎さんの定めた「パワースポット温泉の条件」に適っている訳です。「300年以上の歴史があること」とか「時代のキーパーソンが愛した温泉地」だとか。まあ、その他の条件は本を読んでいただくとして(笑)、この表紙の話もぜひ聞かせて欲しいのですが、一瞬、絵なのかな? とも思ってしまいました。山々に囲まれた景色の中にぽっかりと映っているこの美しいピンク色のハートはすごく神秘的ですよね。

山崎 そうでしょう、ふふふ。このハートは、最後の最後にスケジュールぎりぎりで訪ねた日本一高所の温泉地、みくりが池温泉にある「神様の台所」という意味のミクリガ池の写真なんです。この山は浄土山という山なんですが、日暮れの一瞬だけ、浄土山と雲がピカピカの池に反射してピンクのハートが現れることがあるんですよ。それが見られたら願いが叶うという伝説があったのですが、地元の方曰く、そうは言ってもなかなか見られないよと。これまでわたしも見たことはありませんでした。そんな中で今回、全ての天候的な条件が揃ってはじめて見てしまったんですよ。やっぱりその光景は理屈じゃなく素晴らしく、目にした瞬間「今回の本を貫くテーマにぴったりだ!」と思いました。そして「読者のみなさんにもご利益があるといいなあ」とこの奇跡的な一枚が表紙に採用されることになりました。

恋に効く パワースポット温泉
山崎 まゆみ・著

定価:1050円(税込) 発売日:2010年10月27日

詳しい内容はこちら この本の特設サイト