ニュース

芥川はおそらく僕みたいな髪型のやつ嫌いやと思うんです
又吉直樹さん 芥川賞受賞会見全文

7月16日、第153回芥川賞に又吉直樹さんの「火花」(「文學界」2月号)が選ばれました。受賞決定直後に行なわれた記者会見での模様をお伝えします。
又吉直樹さんのテレビ局の囲み取材全文の模様はこちら>>

1980年大阪府寝屋川市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動中。著書に『第2図書係補佐』『東京百景』、せきしろとの共著に『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』、田中象雨との共著に『新・四字熟語』がある。

──最初にひとことお願いします。 

又吉 すごくびっくりしたんですが、とにかくうれしいです。ありがとうございます。

──受賞おめでとうございます。

又吉 ありがとうございます。

──まず1つは又吉さんが敬愛してやまない太宰治先生がほしくてしかたがなかった芥川賞を受賞されたことに対してどう思いますか? もう1つは芥川賞を受賞されてこれだけたくさんの報道陣が集まって、おそらく明日からも取材攻勢が始まると思いますが、その中で今後、又吉さんの作品を読んで文学の世界に入ってきたい、つまり又吉さんが太宰に憧れたように文学の世界に入ってきたいという若い人もいると思います。その人たちに対するメッセージを。

又吉 僕が小説を読み始めたのが芥川と太宰から。太宰が芥川賞を取れなくて川端康成に手紙を書いたとかいろいろ聞いていたんですが、その状況と今の時代は全然違うのでなんて言っていいか。ただ、いつもテレビで太宰好きとか勝手なことを言ってるんですが、すごく申し訳ない気持ちになって、三鷹の禅林寺にお墓参りに行っています。今月は2回か3回くらい行きました。2つ目の質問に対しては、誰かが僕の小説を読んでうんぬんというよりも、世の中にはおもしろい小説がたくさんあるし、人によって好き嫌いあります。だから僕の小説が全然合わない人が他の人の小説を読んで書きたいと思う人もいると思うので、僕の小説を読んで合わへんかったから小説を読むのやめようとなるのんだけは、その責任だけはみんなで背負っていきたいというか、はい。そうですね。僕がジャッジしないということです。僕の作品を読んでいただけるのはうれしいですけど。本を100冊読んだら絶対本好きになると思うんですけどね。最初の2、3冊は難しくてよくわからん本もあるんですが、100冊読んだら好きになると思うんで、そこまで頑張ってほしいですね。

──今、金屏風の前に座っていらっしゃるんですが、又吉さんの作品の中に確かこういったセリフがあります。「万事整った環境になぜ僕達は呼ばれたのだろうか」という。今金屏風の前に座っていらっしゃる、整った環境にいるご自分の今のお気持ちを教えていただけますか?

又吉 そーですねえ……なんか嘘みたいな感じですけど、ええ。似合ってますかね? 金屏風。

──少し戸惑っていらっしゃる表情に見えるんですが。

又吉 こんなに緊張することはないですね。

──今回芥川賞はダブル受賞ということですが、どう思われますか?

又吉 もう1人の芥川賞を受賞した羽田さんがいろんなメディアで『火花』を紹介してくださっているんですが、やっぱりプロの作家さんがちゃんと偏見なしで僕の作品を扱っていただけることはすごくうれしいことですね。

【次ページ】芥川に褒めてもらう自信、それはないです

火花
又吉直樹・著

文藝春秋 定価:本体1,200円+税 発売日:2015年03月11日

詳しい内容はこちら

文學界2015年2月号

定価:970円(本体898円) 発売日:2015年01月07日

目次はこちら



こちらもおすすめ
ニュース第153回芥川賞・直木賞、受賞作決定! 芥川賞には又吉直樹さんの「火花」と羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞には東山彰良さんの『流(りゅう)』(2015.07.16)
特設サイト待望の文庫化! お笑いコンビ「ピース」又吉直樹 初めて書いた本格小説『火花』(2015.03.06)
特集第153回芥川賞候補作(抄録) 又吉直樹「火花」(文學界2月号)(2015.06.24)