本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
追悼・竹本住大夫師匠。“文楽の鬼”の最期の言葉は優しかった

追悼・竹本住大夫師匠。“文楽の鬼”の最期の言葉は優しかった

文:樋渡優子

『人間、やっぱり情でんなぁ』(竹本住大夫 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

『人間、やっぱり情でんなぁ』(竹本住大夫 著)

 ずっと付き添っておられた光子奥様には、面会時間が終わる時刻に近くなると、時計を見て、「もう七時になるで……」と帰るよう促されていたと。「いま思えば、泊まってやったら良かった思いますけど、病院の規則で泊まりは出来ませんで……」と、どこまでも師匠思いの光子奥様です。

 私が最後に電話でお話ししたのは四月十日、文庫のお打合せでしたが、お医者様にお稽古も控えるよう言われて、「弟子の稽古もせんと、寝たり起きたりしてても、そんな生活したことないしなァ……」と少し心細げなご様子で、師匠が生き甲斐にされていた“後進の指導”が思うに任せぬ状況になっておられるとは、「さぞ、お辛いことだろう……」と胸が詰まる思いでした。

 それから半月ほどしてのご逝去の報でしたが、ご家族のお話を伺いながら、「師匠は最期まで、竹本住大夫としての人生を全うされたのだ」と思いました。この本にも出てきますが、楽しみといえば、たまに温泉に行くぐらいで、あとは文楽と浄瑠璃に彩られた住大夫師匠の一生です。

単行本
人間、やっぱり情でんなぁ
竹本住大夫

定価:1,870円(税込)発売日:2014年10月14日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る