本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
追悼・竹本住大夫師匠。“文楽の鬼”の最期の言葉は優しかった

追悼・竹本住大夫師匠。“文楽の鬼”の最期の言葉は優しかった

文:樋渡優子

『人間、やっぱり情でんなぁ』(竹本住大夫 著)

出典 : #文庫解説
ジャンル : #ノンフィクション

『人間、やっぱり情でんなぁ』(竹本住大夫 著)

 取材やインタビューのため、ご自宅に伺うのはたいてい午後一時か二時でしたが、話の途中で、「その床本は……」と言いながら、師匠は立ち上がって、ガラス戸棚の中から目指す床本を取り出しながら、浄瑠璃を口ずさむことがおありでした。

 最初は探されている床本の浄瑠璃かと思っていましたが、決まって、次の公演の演目の浄瑠璃の一節で……師匠は午前中にお弟子さんたちにお稽古を付けた浄瑠璃を、ご自分でも繰り返されているのでした。きっと私のインタビューに応えながら、頭の中は浄瑠璃が駆け巡っておいでだったのでしょう。それほどまでに、舞台を退【の】かれてからも、浄瑠璃を頭から片時も離さぬ師匠でいらっしゃいました。

 いまだ大きな父を失った悲しみと痛みを感じていますが、願わくば、この世の軛【くびき】から解き放たれた師匠が、今頃は、文楽に入門された当時の青年のお姿に還【かえ】られて、足取りも軽く――向こう側で待っておられた師匠方・先輩方に温かく迎え入れられ、厳しくも、楽しい浄瑠璃のお稽古に励んでおられんことを――。

 きっとその輪の中には、義太夫節の始祖・竹本義太夫師もおられるはずです。

 

 平成三十年六月一日

人間、やっぱり情でんなぁ
竹本住大夫

定価:1,870円(税込)発売日:2014年10月14日

ページの先頭へ戻る