本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
日本のハードボイルド史上、こんなにカッコいい女性主人公はいない!

日本のハードボイルド史上、こんなにカッコいい女性主人公はいない!

文:内藤麻里子 (毎日新聞社編集委員)

『魔女の封印』(大沢在昌 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『魔女の封印』(大沢在昌 著)

 日本のミステリー、ハードボイルド史上、こんなにカッコいい女性主人公はちょっといない。今回もラストはあっけにとられた。この女はこんな決着の仕方を選ぶのか。しかし、これしか考えられないなという展開。やはり、魔女水原から目が離せない。

『魔女の笑窪(えくぼ)』(二〇〇六年刊、文庫は〇九年)『魔女の盟約』(〇八年刊、同一一年)に続くシリーズ三冊目となるのが本書『魔女の封印』(一五年刊)である。

 第一作『魔女の笑窪』の最初の何章かで、彼女のライフスタイルを垣間見ることができる。午後五時に起きて、東京・麻布台にある事務所に出るのはたいてい午前零時過ぎ。闇のコンサルタントとして裏社会を生きる。駐車場に並ぶのはお抱え運転手がハンドルを握るメルセデスにポルシェ九一一、アコード。闇の投資も辞さず、金に不自由はない。必要に応じて拳銃を手に入れ、ためらわず引き金を引く。男の性格を一目で見抜く力を生かし、タフに冷徹に怜悧に仕事をこなすクールビューティー。気晴らしは高級リゾートでの男遊びとくる。

文春文庫
魔女の封印 上
大沢在昌

定価:737円(税込)発売日:2018年12月04日

文春文庫
魔女の封印 下
大沢在昌

定価:748円(税込)発売日:2018年12月04日

文春文庫
魔女の盟約
大沢在昌

定価:990円(税込)発売日:2011年01月07日

文春文庫
魔女の笑窪
大沢在昌

定価:770円(税込)発売日:2009年05月08日

プレゼント
  • 『熱源』川越宗一・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/7/6~2022/7/13
    賞品 『熱源』川越宗一・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る