特集

コロナ封じで一躍注目! 妖怪「アマビエ」の正体に迫る

文: 「オール讀物」編集部

NHK大河ドラマ『炎立つ』『北条時宗』の原作者で、岩手在住の直木賞作家・高橋克彦さん。日本古来の伝承や超常現象などを扱った『総門谷』『竜の柩』など、伝奇SF小説のジャンルでも多くの傑作を生み出し、根強いファンを獲得している。現在、コロナ封じの妖怪としてSNSなどで話題の「アマビエ」も、かつて自身の小説に登場させたという高橋さんが、その謎につつまれた正体に迫ります!


――現在、コロナ除けのおまじないとして「アマビエ」の画像が、SNSを中心にして拡散されています。

高橋 私の住んでいる岩手はまだ感染者ゼロですが(4月20日現在)、それだけに安心できないという緊張は、他の地域より強いかも知れません。こういうときの神頼み、ではありませんが、私の親しいアーチストの皆さんの描いたアマビエの画像を一挙に掲げて「コロナ退散」を念じることに! 順に、南波健二さん、中野耕一さん、岸田尚さん、そのだつくしさんの手掛けたものです。

南波健二さん
中野耕一さん
岸田尚さん
そのだつくしさん
かげゑ歌麿高橋克彦

定価:本体1,600円+税発売日:2013年07月24日


 こちらもおすすめ
インタビューほか水谷豊ら役者たちが熱く語る、勧善懲悪に収まらない高橋克彦版・歌麿の魅力(2016.03.18)
書評巨石遺跡に秘められた太古の記憶とは!? 20年ぶりに復活した幻の傑作群(2016.01.03)
書評九十九.九パーセントの真実(2014.06.05)