ニュース

少女がわりばしに!?  芥川賞作家・今村夏子の不思議世界

本の話 note【編集者通信】

少女がわりばしに!?  芥川賞作家・今村夏子の不思議世界

本の話noteでは、音声メディアvoicyの「文藝春秋channel」にて配信した内容を一部、活字にしてお届けします。

今村夏子さんの最新刊、『木になった亜沙』。

書籍の担当編集者・田中光子が、この本の魅力についてお話しします。 読み終わったとき「第三の眼が開く」物語とは……?

つづきは下記バナーより、本の話noteでご覧ください!

 

 

木になった亜沙今村夏子

定価:本体1,200円+税発売日:2020年04月06日


 こちらもおすすめ
書評“自分が渡す食べ物を食べてもらえない”主人公の物語がリアリティーを失わない凄さ(2020.06.17)
特集「今村夏子が描く世界は、まさに予測不可能」――最新刊に反響続々!(前編)(2020.04.09)
特集「今村夏子が描く世界は、まさに予測不可能」――最新刊に反響続々!(後編)(2020.04.09)
特集今村夏子「的になった七未(なみ)」芥川賞受賞第一作(2019.12.31)