コラム・エッセイ

テクノロジーの力で、自由を獲得する――。SF小説の旗手が描くアフターコロナの「青春」

藤井 太洋

新連載に寄せて

テクノロジーの力で、自由を獲得する――。SF小説の旗手が描くアフターコロナの「青春」

「別冊文藝春秋 電子版34号」(文藝春秋 編)

 iPhoneのミュージックライブラリには、絶対に起きなければいけない時に鳴らすために、荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」が入っている。

 イントロの、深いリバーブのかかった「アイラブユー」を聞けば、私は二秒で覚醒できるからだ。十五歳の春、奄美大島から鹿児島市の外れにある高校に入学した私は、寮に入り、本作の生徒たちと同じように、集団生活と縦社会を叩き込まれた。「ダンシング・ヒーロー」は、入寮してから一ヶ月の間、十五歳の少年たちを再プログラミングするために使われた、起床の曲なのだ。

 同じ部屋で異なる学年の生徒が生活して、上下関係に立脚した自治を行うような寮は、三十五年前でも珍しい存在だった。士官学校の寮を模したような風習は、当時でも批判されていた。

 そんな、小説の舞台としてはエキセントリックすぎる経験をふとZoom会議で漏らしたところ、編集者の目が輝いた。

「藤井さん、それで書きましょうよ」

「面白くなりますか?」と聞き返していた時には遅かった。寮で過ごした三年間と友人、先輩、後輩たちの顔が浮かび上がってしまった。今、彼らが寮にいたらどう過ごしているだろうか。

 スマホとタブレットが日常のものになった今、インターネットが世界を変えて、ジャパン・アズ・ナンバーワンという声が歴史の遺物になった今。新型コロナウイルスによって日常が変わってしまった今、もしもあの寮にいたなら、一度しかない青春のとば口で何を考え、何に打ち込んでいただろう。

「オーグメンテッド・スカイ」はそんな物語です。ぜひともお付き合いくださいませ。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版34号(2020年11月号)文藝春秋・編

発売日:2020年10月20日


 こちらもおすすめ
別冊文藝春秋鹿児島の寮から、世界を変える。最旬青春小説、開幕! 『オーグメンテッド・スカイ』藤井太洋――立ち読み(2020.10.20)
コラム・エッセイある日「幻視」した未来に震え、ぼくは書き始めた。『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』の新鋭による希望の物語(2020.10.20)
別冊文藝春秋人類、総オンライン化。そこで発生した大災厄を少年たちは乗り越えられるのか? 『すべてが繋がれた世界で』藤田祥平――立ち読み(2020.10.20)