本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
年末のお楽しみ!「週刊文春ミステリーベスト10」発表

年末のお楽しみ!「週刊文春ミステリーベスト10」発表


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

「週刊文春」12月10日号

 冬の風物詩「週刊文春 ミステリーベスト10」。44回目を迎える今年は、国内ではあの大ベテランが堂々の1位の一方でニューフェイス陣が大躍進、海外では王者の風格すら漂うホロヴィッツ氏が見事三連覇を飾りました。

 アンケートにご回答いただいたのは全国の日本推理作家協会会員及びミステリー作家、文芸評論家、書店員、翻訳家、各大学ミステリー研究会他の皆様です。

「週刊文春」12月10日号(12月3日発売)では、『たかが殺人じゃないか』で国内部門1位となった辻真先氏、『その裁きは死』で海外部門1位となったアンソニー・ホロヴィッツ氏のインタビューや、ランクインした作品の概要、選評を掲載。これらの記事がお読みいただける電子書籍『週刊文春ミステリーベスト10 2020』は12月10日に発売となります。

 ベスト10入りした作品と順位は以下の通りです。


国内部門

1位 『たかが殺人じゃないか』(辻真先/東京創元社)
2位 『透明人間は密室に潜む』(阿津川辰海/光文社)
3位 『楽園とは探偵の不在なり』(斜線堂有紀/早川書房)
4位 『法廷遊戯』(五十嵐律人/講談社)
5位 『汚れた手をそこで拭かない』(芦沢央/文藝春秋)
6位 『死神の棋譜』(奥泉光/新潮社)
7位 『Another2001』(綾辻行人/KADOKAWA)
8位 『ワトソン力』(大山誠一郎/光文社)
9位 『暴虎の牙』(柚月裕子/KADOKAWA)
10位 『蝉かえる』(櫻田智也/東京創元社)

海外部門

1位 『その裁きは死』(アンソニー・ホロヴィッツ/創元推理文庫)
2位 『ザリガニの鳴くところ』(ディーリア・オーエンズ/早川書房)
3位 『あの本は読まれているか』(ラーラ・プレスコット/東京創元社)
4位 『指差す標識の事例 上・下』(イーアン・ペアーズ/創元推理文庫)
5位 『網内人』(陳浩基/文藝春秋)
6位 『ネヴァー・ゲーム』(ジェフリー・ディーヴァー/文藝春秋)
7位 『死亡通知書 暗黒者』(周浩暉/ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
8位 『ストーンサークルの殺人』(M・W・クレイヴン/ハヤカワ・ミステリ文庫)
9位 『発火点』(C・J・ボックス/創元推理文庫)
10位 『言語の七番目の機能』(ローラン・ビネ/東京創元社)

週刊文春ミステリーベスト10 2020
週刊文春ミステリーベスト10班

発売日:2020年12月10日

汚れた手をそこで拭かない
芦沢央

定価:1,650円(税込)発売日:2020年09月26日

網内人
陳浩基 玉田誠

定価:2,530円(税込)発売日:2020年09月28日

ネヴァー・ゲーム
ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子

定価:2,750円(税込)発売日:2020年09月25日

ページの先頭へ戻る