本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「まんまこと」シリーズ最新刊。麻之助の縁談が、ついにまとまる――!?

「まんまこと」シリーズ最新刊。麻之助の縁談が、ついにまとまる――!?

畠中恵『いわいごと』インタビュー


ジャンル : #歴史・時代小説

『いわいごと』(畠中 恵)

――「まんまこと」シリーズの第8弾『いわいごと』が発売になりました。江戸の町名主の跡取り息子・高橋麻之助がさまざまな揉めごとを解決していくこのシリーズですが、やもめの麻之助に縁談が次々と持ち込まれ、それに麻之助が振り回されるのも読みどころの一つになっています。

 江戸時代の結婚は、いま以上に家と家との結びつきという面が強かったので、結婚する二人だけでは済まないことも多く、大変だったと思います。特に麻之助は町名主の跡取りという立場なので、周囲も放っておいてくれません。それに、当時のお見合いは、ほとんど相手を知らないまま話がどんどん進んでいくこともありました。結婚が先に決まって、それから相手のことを知っていくということも多かったんです。

――最初の妻・お寿ずを亡くした麻之助もようやく元気が出てきて、前巻『かわたれどき』では料理屋の娘・お雪と縁談の話が出ます。若いお雪は、麻之助のことを「おじさん」と呼んで傷つけたりしながらも(笑)、いい関係に見えたのですが……。お雪は洪水で記憶を失い、麻之助のことも思い出せなくなってしまいます。

 お雪が縁談の返事をできずにいる間にも、麻之助には新しい縁談の話が来ます。これは現代の恋愛にも通じるところがありますが、このような関係を宙に浮いたままにしておくと、どうにもならなくなってしまいますよね。そこで麻之助の父・宗右衛門は、お雪に麻之助の裁定を手伝ってみるよう提案したわけです。この二人の関係がどうなるか最初から決めていたわけではないのですが、書いていくうちに、今回の流れになりました。

昇進に縁談に、今回も悪友三人組は大忙し

――『いわいごと』には6編が収録されていますが、今回、相馬小十郎が定廻り同心から吟味方与力に昇進することになり、その後継ぎの吉五郎も大変な目に遭います。

 定廻り同心から与力に昇進することは滅多になかったようですが、ひとつだけ、そうした例を資料で見つけたんです。それだけ珍しいことが起こったら、周囲で事件も起きるだろうと考えたのが「吉五郎の縁談」と「八丁堀の引っ越し」でした。この昇進にあたっては、小十郎の一人娘・一葉も大忙し。与力の屋敷にやって来る客をまず玄関でさばくのは、家の女性の仕事だったんです。当主として家を継ぐのは男性ですが、与力でも、屋台などの客商売でも、奥さんの役割はとても大きかっただろうと思います。

お調子者の跡取り息子、ついに後妻を取る!?まんまことシリーズ第七弾『かわたれどき』畠中恵

いわいごと
畠中恵

定価:1,540円(税込)発売日:2021年02月25日

ページの先頭へ戻る