本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
愛、運命、友情について深く考えされられる――。一穂ミチ最新長篇『光のとこにいてね』に、早くも全国の書店員さんの感動の声が集まっています

愛、運命、友情について深く考えされられる――。一穂ミチ最新長篇『光のとこにいてね』に、早くも全国の書店員さんの感動の声が集まっています

『光のとこにいてね』(一穂 ミチ)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『光のとこにいてね』(一穂 ミチ)

直木賞候補となった他、本屋大賞第3位、吉川英治文学新人賞に輝くなど、『スモールワールズ』で一躍、一般文芸の世界でもその実力と名前を知られるようになった一穂ミチさん。

その一穂さんの、待望の最新長篇『光のとこにいてね』が2022年11月7日に発売になりました。

人がひとを想う――。その美しさを最高純度に静謐、清冽な筆致で描き切った本作は、小瀧結珠(こたき・ゆず)と校倉果遠(あぜくら・かのん)、7歳の時に運命の出会いを果たしたふたりの、四半世紀にわたる物語を描いた感動作です。

発売に先立ち、全国の書店員さんから、愛や運命、友情について深く考えさせられた、といった熱い感想が続々と届いています。編集部に届いた本当にたくさんの声から、ほんの一部をご紹介します。

有隣堂淵野辺店 大久保あすかさん

ページをめくる手が止まらなかった。
愛とか友情とかそんな言葉では言い表せない二人の関係。読み終わった後も、2人が一緒に光のとこにいられるように願わずにはいられなかった。

丸善丸広百貨店東松山店 本郷綾子さん

奪うでも差し出すでもなく、相手のしあわせだけを願う。
「ひとを愛する」ということと向き合ったとき、真っ先に思い出す一冊になりました。

紀伊國屋書店仙台店 齋藤一弥さん

「小説読んだ~!」って満足感で満たされています。
今年トップクラスで“運命”を感じる作品でした。

ブックスタジオ大阪店 渋谷宙希さん

「スモールワールズ」以来、一穂ミチさんの大ファンですが、ついにやってくれました!
「光のとこにいてね」は今の時代を的確にとらえた傑作です。

くまざわ書店四条烏丸店 山中津加紗さん

私はこれを恋愛小説とも青春小説とも呼びたくありません。今あるありきたりな言葉や枠にはまるような作品ではないと思いました。

紀伊國屋書店福岡店 宗岡敦子さん

最後のページを読み終えた後も、心が高鳴り、高揚感が止まりません。

有隣堂グランデュオ鎌田店 古藤やすらさん

一気に読み終えました。
こんなに深く切なくでも温かい愛があっただろうか。
読み終えた後に、心がかき乱され、誰かを愛したくなるそんな1冊。


「1分で体感! 一穂ミチ、最新長編『光のとこにいてね』の世界 スペシャル・ショート・ストーリー」を公開中です。こちらもどうぞ!

単行本
光のとこにいてね
一穂ミチ

定価:1,980円(税込)発売日:2022年11月07日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る