本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「大傑作」「一穂ミチの最高傑作」の声、続々! 一穂ミチ最新長篇『光のとこにいてね』に、発売前から全国の書店員さんの熱い支持が集まっています

「大傑作」「一穂ミチの最高傑作」の声、続々! 一穂ミチ最新長篇『光のとこにいてね』に、発売前から全国の書店員さんの熱い支持が集まっています

『光のとこにいてね』(一穂 ミチ)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『光のとこにいてね』(一穂 ミチ)

直木賞候補となった他、本屋大賞第3位、吉川英治文学新人賞に輝くなど、『スモールワールズ』で一躍、一般文芸の世界でもその実力と名前を知られるようになった一穂ミチさん。

その一穂さんの、待望の最新長篇『光のとこにいてね』が2022年11月7日に発売になります。

7歳の時に運命の出会いを果たしたある二人の、四半世紀にわたる心の交流を描いた本作。発売に先立ち、プルーフを読んだ全国の書店員さんから、「控えめに言って最高傑作」など、熱い感想が次々に届いています。編集部に届いた本当にたくさんの声から、そのほんの一部をご紹介します。

未来屋書店大日店 石坂華月さん

もうなんて物語を描いてしまうのでしょうか。
残りの数ページにさしかかり終わって欲しくないと時を止めてしまいたかった。
震えたーー!

有隣堂町田モディ店 原田明美さん

こんなにピュアな愛の物語を私は今まで読んだことがありません。ラストに涙してしまいました。

喜久屋書店イオンモール大和郡山店 山田純子さん

読み終えたくなかった!読み終えた後、ずっと胸がぎゅーってなってる。
「光のとこにいてくれますように」
すごくぴったりの良いタイトルでした。

うさぎや矢板店 山田恵理子さん

この光の中で私は泣いてしまった。心が駆け出してとまらない。
読み終えた後もとまらない。胸が震えるほどに美しい。
ガチで胸をつかまれる小説。

大盛堂書店 山本亮さん

大傑作大必読。

紀伊國屋書店セブンパークアリオ柏店 伊藤奈穂子さん

この本はすごい! すごくいい!!
2人の関係を友情と呼ぶには浅くて、愛と呼ぶには陳腐な気がする。
もどかしくて、せつなくて、何度も胸が痛くなりました。

平和書店TSUTAYAアルプラザ城陽店 奥田真弓さん

読み終えて、ぎゅーっと抱き締めて、バタバタした。
控えめに言って、最高傑作だと思います。


「1分で体感! 一穂ミチ、最新長編『光のとこにいてね』の世界 スペシャル・ショート・ストーリー」を公開中です。こちらもどうぞ!

単行本
光のとこにいてね
一穂ミチ

定価:1,980円(税込)発売日:2022年11月07日

電子書籍
光のとこにいてね
一穂ミチ

発売日:2022年11月07日

こちらもおすすめ
プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る