作品紹介

降伏か、本土決戦か。8・15をめぐる攻防が始まる! 半藤一利の傑作ノンフィクションを、SF伝奇漫画の巨匠・星野之宣が鮮烈コミカライズ。

敗色が濃い昭和20年夏。連合国によるポツダム宣言をめぐり、受諾派と徹底抗戦派との間で鈴木貫太郎内閣の意見は真っ二つに分かれていた。無条件降伏を主張する米内海軍大臣と東郷外務大臣に対し、阿南陸軍大臣と梅津参謀総長は「国体護持」の堅持を訴え、一歩も譲らない。

広島への原爆投下、ソ連の参戦と徐々に追い詰められるなか、いよいよ昭和天皇の“聖断”を仰ぐことに。一方、降伏を認めない陸軍将校らによるクーデター計画が、水面下で進んでいた。

すでに二度も映画化されている終戦を巡るドラマを、コミカライズ版では幕末の「尊皇攘夷」思想から説き起こす。天皇を切り札に討幕を進めた薩長は、明治維新後も陸海軍を掌握。統帥権の名のもとに、軍を議会や内閣から独立した存在であり続けさせた。いわば“玉”を抱え込んだのだ。

皇太子時代に第一次大戦の戦跡を訪れた昭和天皇は、戦争の悲惨さを痛感する。だが、大陸進出を押し進める軍部の膨張は歯止めがきかない。満洲事変、二・ニ六事件、日米開戦……連綿と続く軍部と天皇との緊張関係を軸に、終戦の日のドラマが幕を開ける──。

作画を担当するのは、漫画家の星野之宣。『ヤマタイカ』『星を継ぐもの』で星雲賞コミック部門を、『宗像教授異考録』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。日本人として初めて、大英博物館で原画展を開催した。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
星野之宣さんを担当するのは、実に25年ぶりのことです。1996年、文藝春秋から刊行していた「コミックBINGO」という青年マンガ誌で、読み切り短篇を描いてもらいました。タイトルは「国辱漫画」。太平洋戦争を星野さんならではのSF的な解釈で、ブラックユーモアたっぷりに描いた快作です。調子に乗って、終戦直後をテーマに「国辱漫画2 G.H.Q」を掲載しようとしたところ、社の上層部からストップがかかり、あえなくお蔵入りに……。両作とも単行本『エル・アラメインの神殿』に所収されておりますので、ご興味のある方はどうぞご高覧ください。笑えます。
ということで、今回の「日本のいちばん長い日」は半世紀前のリベンジでもあるのです。とはいえ、漫画界きっての鬼才が手掛けるのですから、ありきたりのコミカライズではありません。降伏か本土決戦か、日本の運命を決した24時間を、幕末の尊皇攘夷思想から説き起こし、天皇と軍部の緊張関係を軸とした新解釈で活写します。原作をお読みになられた方も、映画をご覧になられた方も、本書を手に取っていただければ、まったく次元の違う興奮を味わえること間違いありません。ご期待ください。
目次
前夜 前編 
前夜 後編 
ポツダム宣言
14日正午─午後2時
午後2時─4時
午後4時─6時
午後6時─8時
午後8時─10時

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る