作品紹介

累計65万部、大人気の紅雲町珈琲屋こよみシリーズ第七弾。

お草さんが営むコーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」で片腕として働いている頼れる店員・久実。
なぜか男っ気のない久実にもついに春が……!?
浮き立つ店に、元アイドルの女性が店の敷地内で暴行を受けたという衝撃のニュースが飛び込んでくる。
容疑者は地元名士の息子。
久実の様子がおかしいことに気づいたお草。
そして、暴行現場で拾った「あるもの」がお草と久実を悩ませることになる。

「私、いつから加害者になったんだろう」
──心に小さな勇気の火を灯す人気シリーズ第7弾。

担当編集者より
お草さんの営む「小蔵屋」の頼れる店員・久実。なぜか男っ気のない久実にもついに春が……? 浮き立つ店に、元アイドルの女性が店の敷地内で暴行を受けたという衝撃のニュースが飛び込んできます。
容疑者は地元名士の息子。しばらくして、久実の様子がおかしいことにお草は気づきます。そして、暴行現場で拾った「あるもの」が二人を悩ませることになり……。
伊藤詩織さんの事件や、エリート大学生、警察官による性犯罪事件が不起訴になるという現実を受けて、吉永さんが心をこめて書きあげた作品は、心に小さな勇気の火を灯してくくれます。 (担当TI)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る