ニュース

最新刊行記念 「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ 第一話無料公開

本の話note

最新刊行記念 「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ 第一話無料公開

累計65万部突破! 人気シリーズの最新刊『初夏の訪問者 紅雲町珈琲屋こよみ』の刊行を記念して、「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの第一話を本の話noteにて無料公開!

「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ とは

観音さまが見下ろす街で、コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む気丈なおばあさん、杉浦草。人々を温かく見守り続ける彼女が、試飲のコーヒーを目当てに訪れる常連たちとの会話がきっかけで、街で起きた小さな事件の存在に気づく「日常の謎」系ミステリ。

ぜひ下記バナーより、本の話noteでお楽しみください!

 

 

初夏の訪問者吉永南央

定価:本体1,600円+税発売日:2020年08月28日

黄色い実吉永南央

定価:本体600円+税発売日:2020年09月02日

花ひいらぎの街角吉永南央

定価:本体590円+税発売日:2019年06月06日

まひるまの星吉永南央

定価:本体580円+税発売日:2018年03月09日

糸切り吉永南央

定価:本体540円+税発売日:2016年12月01日

名もなき花の吉永南央

定価:本体640円+税発売日:2014年07月10日

その日まで吉永南央

定価:本体550円+税発売日:2012年11月09日

萩を揺らす雨吉永南央

定価:本体590円+税発売日:2011年04月08日


 こちらもおすすめ
インタビューほか吉永南央インタビュー「インクと花の香り」で蘇る想い出(2018.03.19)
書評人生の先輩が解く“日常の謎”(2011.05.20)
インタビューほか身近な人だからこその難しさ(2012.12.27)
別冊文藝春秋お草、帰る。(2015.12.20)
特集私がドラマ化するまで、誰も企画しないで! 4年を経て富司純子主演でついに完成(2015.04.01)