文春文庫

武士道ジェネレーション

誉田哲也

  • 定価:本体740円+税
  • 発売日:2018年09月04日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ

作品紹介

エッ、結婚? エエッ、道場閉鎖!?

宮本武蔵を心の師と仰ぐ磯山香織と、日舞から剣道に転進した変り種の甲本(西荻)早苗。高校を卒業後、早苗は一浪ののち、大学の文学部で日本文化を専攻。卒業後は浪人時代から付き合い始めた充也とすぐに籍を入れ、桐谷道場裏手のマンションに新居を構える。
一方、香織は、剣道で大学に進学して、数々のタイトルを獲得。桐谷道場では、玄明の代理で小中学生の指導もしていた。

そんななか、道場の師範である桐谷玄明が倒れた。身体に不安を覚えた玄明は、江戸時代から続く歴史ある道場を閉鎖しようと決意。充也に伝えるが、桐谷の血を引く充也は、警官を辞めてでも道場を継ごうとする。しかし、玄明に警官としての職務を全うするよう諭され、充也は、道場の後継者となることを断念させられてしまう。

就職も決まらず、師範代見習のような立場の道場にいた香織は、これ幸いと「だったら自分が道場を継ぎます」と申し出る。ところが充也によれば、香織には桐谷道場の後継者になる資格が、そもそもないのだという。後継者には、桐谷道場に密かに伝わる「シカケ」と「オサメ」と呼ばれる形を習得する必要があった。どうしても道場をなくしたくない、充也と香織は、誰にも告げず、血の滲むような特訓の日々を始めるが……。

香織と早苗、それぞれの方法で道場を守ろうと奮闘する姿を描く「武士道」サーガ第四弾。はたして、この勝負、如何に──。

ボーナストラックとして短編「美酒道コンペティション」と書店員座談会を収録!

特設サイトへ

担当編集者より
最強の青春小説が帰って来ました!
早苗と香織の成長を、まるで親戚の子のように、または、友人のようにみてきたわけですが、会わない間に、二人はますます成長し、本作の中でも、それがきらりと光る場面が。
どうか、久々に二人と、そして愛すべき武士道シリーズの人々に、思う存分、お会いください。
目次
1一張羅
2 思いのほかハッピーでした
3大仰天
4 こんなはずでは……
5後継者
6 時代が動き始める予感
7裏奥義
8 変わったこと、変わらなかったこと
9師匠談
10 訊いてみました
11異邦人
12 これは、意外と根深い問題かも
13好敵手
14 タイミング悪過ぎ
15大炎会
16 逃げちゃ駄目だ
17猛特訓
18 袖振り合うも……
19武勇伝
20 違う、違うの!
21御馴染
22 なに考えてるのよ……
23求道者
24 重大発表がございます
25 未来像
ボーナストラック 美酒道コンペティション
特別収録 書店員座談会
商品情報
書名(カナ) ブシドウジェネレーション
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年09月10日
ISBN 978-4-16-791132-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る