2015.09.11 インタビュー・対談

剣道女子2人、6年ぶりの帰還

聞き手: 「オール讀物」編集部

『武士道ジェネレーション』 (誉田哲也 著)

剣道女子2人、6年ぶりの帰還

『武士道ジェネレーション』 (誉田哲也 著)

『武士道シックスティーン』から始まった香織と早苗、2人の女子高校生の剣道を巡る青春を描いた「武士道」サーガに、6年ぶりの新刊が出た!

「物語からしばらく離れていたので、不安もありましたが、書き始めてみたら、6年の間にあったことを、彼女たちからわれ先に『こんなことがありました』という報告を受けて、それを聞き書きしていくような感じで、とても楽しかったです。今回は、離れ離れだった2人が、ふたたび桐谷道場に戻ってきたので、前作とは、また違った動きになって、よかったかもしれません。2人が『シックスティーン』のように、寄っちゃあケンカし、って状態になりましたけど(笑)」

 物語は、高校卒業から6年後、早苗の結婚式から始まり、香織の師匠である桐谷玄明が倒れ、道場の閉鎖を宣言することで、大きく動き始める。香織は、道場の後継者として名乗りをあげるが、それには、桐谷道場に代々伝わる〈シカケ〉と〈オサメ〉という男子でも習得が厳しいという形を修める必要が。しかし香織は大切な道場を守るため、早苗の夫・充也から〈シカケ〉と〈オサメ〉を習う……じつは、この物語の原型は、すでに『エイティーン』のときに存在していたという。

「『香織と早苗が大人になった話』そのものは、6年前に書いていたんですが、高校3年で2人が対決する最後のインターハイの余韻を残すため、その部分を『エイティーン』では、あえて落としたんです。ただ、『ジェネレーション』を書くにあたり、その部分をどう物語に仕立てるか、書ききれる確信がなかったんです」

 今回、新たに登場する剣道を習いに来た外国人のジェフ。彼が道場の存続に重要なカギを握ることになるのだが、彼の存在が、終わったはずの物語を甦らせるのに重要な役割を果たした。

「すでに3作で書きたいことは書き尽くしたつもりでしたが、もし、次に書くことがあれば、〈伝える〉ことがテーマになるとは思っていたんです。でも〈次の世代〉のことは当然として、何か別の要素も見つけたいと思っていたら、思いのほか、時間がかかってしまいました。そうして試行錯誤をしているうちに、日本人の価値観の中に、自然と溶け込んでいて気づかないけれど、外国との文化の比較を通して、改めて浮かび上がるものがあるんじゃないか、と。それが、今回、ジェフという外国人の登場に繋がりました」

 著者も想定外だったという続編は、エンタメの名手が、じっくりと物語を育てたことによって、待つ甲斐のあった作品に仕上がったようだ。

誉田哲也

ほんだてつや/1969年生まれ。2002年『妖の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞しデビュー。03年『アクセス』で、第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。

武士道ジェネレーション
誉田 哲也・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年07月30日

詳しい内容はこちら

オール讀物 2015年9月号

定価:980円(税込) 発売日:2015年08月22日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビュー・対談これだ! 今、こういう本を読みたかったんだ!<後編>(2015.07.29)
インタビュー・対談これだ! 今、こういう本を読みたかったんだ!<前編>(2015.07.28)
インタビュー・対談武士道女子高生の最後の夏(2009.06.20)
書評正真正銘、求道者の物語(2008.07.20)
書評『レイジ』解説(2014.03.11)
特設サイトココリコ田中主演 読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「増山超能力師事務所」原作! 誉田哲也『増山超能力師事務所』(2013.07.11)
書評娯楽度抜群の設定に隠された苦味。 味わい深い新シリーズ!(2013.07.11)
インタビュー・対談江戸吉原を舞台にした時代ノワール(2013.02.15)
書評音楽への愛にみちた青春バンド小説(2011.07.20)
書評作家・誉田哲也の原石(2010.11.20)