インタビューほか

真実を求めつづけた強靭な宗教思想家

「本の話」編集部

『無量の光――親鸞聖人の生涯』上下 (津本陽 著)

真実を求めつづけた強靭な宗教思想家

──津本陽さんの新刊『無量の光――親鸞聖人の生涯』は親鸞の一生とその教えを描いた書き下ろし長篇小説です。津本さんにとって書き下ろしは久し振りなのではないでしょうか。

津本  いえ、久々どころか本当に初めてのことなんです。五年前に着手してようやく完成しました。

──しかも原稿用紙約千枚の大作です。ご苦労も多かったのではないでしょうか。

津本  私は先に親鸞聖人伝を二〇〇〇年から〇一年にかけて新聞連載して、『弥陀(みだ)の橋は――親鸞聖人伝』(文春文庫)というタイトルで出しているのですが、聖人を描く、もう一度書くというのは大変なことでした。途中でやめようと思ったことさえありました。浄土真宗の門徒の家に生まれた私ですが、聖人を描くのはつくづく難しいと感じますね。

──今回上梓(じょうし)された『無量の光』は親鸞の教えに重きを置かれています。『弥陀の橋は』でその生涯を描かれたのとは趣きが異なりますね。

津本  ある大学教授が、親鸞聖人の主著『教行信証』の教えを小説でここまで読み解いて描くのかと驚いて下さった。

──教えに重点を据えられたのは、やはり津本さんご自身が浄土真宗の門徒だからでしょうか。

津本  私の先祖は、祖父母、両親までは熱心な門徒で毎朝毎晩、念仏を称(とな)えていました。

  私が子どものころは、お客僧という僧侶が毎月家に来て下さいましたね。それに家で説教もするのですが、玄関に雑賀(さいか)講と書かれた大きな提灯(ちょうちん)を下げて、部屋をつなげると百五十人くらい入れるんですが、仏間には演壇もつくってやっていました。女性は普段着ですが、男は柿色のそろいの裃(かみしも)を着ていましたね。で、翌日はお寺に行くんです。子どもだった私は手を引かれて一緒に行っていました。そういう特別のときでなくても、おばあさんによくお寺に連れて行かれて。ですから、幼稚園ぐらいまでは正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)を暗誦していました。その後は忘れてしまいましたけれど。

  それからずっと経って昭和四十九年に母が亡くなるんですが、本当に悲しかったですね。その時、正信念仏偈を称えてみたら、その間は母と話が通じているような気がするんですよ。それでときどき仏前に座って称えていました。私の胸中には、やはり祖母に教えられた浄土信仰があったのです。

  もともと私は小説家として暮らしていくとは夢にも思っていなかったんです。それで、作家として、何を書き続けてきたかというと、人生の虚しさ、無常観といったものを書き表わしてきたんです。無常観が小説の根っこの部分にあります。子どものころに仏教で刷り込まれたものがあるんでしょう。

無量の光 上
津本 陽・著

定価:1800円(税込) 発売日:2009年12月09日

詳しい内容はこちら

無量の光 下
津本 陽・著

定価:1800円(税込) 発売日:2009年12月09日

詳しい内容はこちら