書評

IWGPは私たちの物語だ

文: 辻村 深月 (作家)

『キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇』 (石田衣良 著)

 本作『キング誕生』は、そんなタカシが、いかにして池袋の王となったのかを辿る物語だ。

『池袋ウエストゲートパーク』Iで、タカシが王となるまでの道筋は、マコトによってこんなふうに書かれている。

 タカシは池袋のギャングボーイズを束ねてる頭で、すべてのチームの王様。どんなふうにやったかって? こぶしとアタマで。

 タカシの若かりし日の物語は、果たして、どんなふうだったのか。長年のファンとしては、まずはこの裏側を読める日が来たのかと、それだけでもう頭がくらくらしてしまう。

 ただし、この話は確かにタカシの話だが、紛れもなく、私たちの好きな『池袋ウエストゲートパーク』の本編――マコトの物語でもある。『池袋』のすべての事件がそうであるように、『キング誕生』もまた、マコトの語りで始まる。あの最初の語りを読んでしまったら、もうそこで絶対にやめられない。

 これから、おれがする話は、どんなふうにタケルが戦国状態だった池袋を制覇したか、どんなふうによその地域のチームと闘ったか。みんなのボスがなぜ死んでいったかという話。

 そして、ボスの弟・タカシがどう兄貴のタケルの仇を討ち、決して笑わない池袋の絶対君主となったのか。やつが少年の心を捨て、非情のキングになるまでの物語だ。(p8)

 主なストーリーは、そう要約される。

 だけど、そこはさすがに『池袋ウエストゲートパーク』。少年たちが織りなす抗争の話とだけ思っていると、そこには私たちの現実と地続きの事件や光景が広がっていて、たちまち話の中に引き込まれてしまう。夜道を襲ってくるノックアウト強盗、KOキッドの正体や、おれおれ詐欺に集まる少年たち。――私たちの読みたかった、紛れもない池袋の物語。タカシとマコトの若かりし日々の物語がここにある。

 そして、気づくのだ。非情な氷の王の中に、なぜ、私たちは熱や優しさを見ることができるのか。それは、おそらく、マコトが彼を見る目線と語りに、愛があればこそなのだ、ということに。

『キング誕生』の過程でタカシが失うものは、兄のタケルだけではない。非情なキングになる前の微笑み、王でない一人の少年であった日々――、そんなタカシを見守ってきたマコトだからこそ、私たちは、彼の目線というフィルターを通した氷の王を、こんなにもかっこよく、愛おしく、そして、身近に感じるのかもしれない。

 そして、大事な点をもう一つ。

 石田さんの描く『池袋ウエストゲートパーク』がこんなにも面白いのは、石田さんが「物語」を諦めていないからだ。石田さんと、そして、主人公のマコトが。

 作中、みんなの王であるタケルの勇姿を、マコトはこんなふうにして語っている。

 つかみはオーケー。ガキどもは息をのんで、おれの話にききいっている。それは山井も同じだった。おれたちはみな物語という弱点をもっている。つぎにどうなるか、気になってしかたないのだ。(p38)

 生徒の三分の一が学校をドロップアウトする不良の名門校の生徒たちだって、物語に飢えている。だからこそ、マコトの武器は“語り”と“情報”になる。

 私たちの日常は、めまぐるしく、いろんなものに追い立てられている。そういう時、物語という存在は時に軽んじられがちだし、後回しにされる。普段は本を読まないような子たちは、きっと、物語など求めていないだろうとさえ思われてしまう。だけど、マコトはどんな人間にも物語が必要であることを無条件に肯定する。その力を信じている。

 マコトの語る、タカシの『キング誕生』は、そんなふうに物語に飢えた私たちが、今ほしくてほしくてたまらなかった甘いジュースを、乾いた喉にもらうような、そんな一冊なのだ。

【次ページ】

西一番街ブラックバイト石田衣良

定価:本体650円+税発売日:2018年09月04日

骨音石田衣良

定価:本体590円+税発売日:2004年09月02日

赤・黒石田衣良

定価:本体620円+税発売日:2006年01月11日

反自殺クラブ石田衣良

定価:本体590円+税発売日:2007年09月04日

灰色のピーターパン石田衣良

定価:本体590円+税発売日:2008年10月10日

Gボーイズ冬戦争石田衣良

定価:本体530円+税発売日:2009年09月04日

非正規レジスタンス石田衣良

定価:本体530円+税発売日:2010年09月03日

ドラゴン・ティアーズ――龍涙石田衣良

定価:本体590円+税発売日:2011年09月02日

PRIDE-プライド石田衣良

定価:本体520円+税発売日:2012年09月04日

夜を守る石田衣良

定価:本体600円+税発売日:2014年02月07日

キング誕生石田衣良

定価:本体540円+税発売日:2014年09月02日

憎悪のパレード石田衣良

定価:本体620円+税発売日:2016年09月02日


 こちらもおすすめ
特設サイト石田衣良 IWGP 池袋ウエストゲートパーク(2019.09.12)
書評一番新しい時代の風を小説に 大人気シリーズ再始動(2014.07.15)
書評『夜を守る』解説(2014.02.07)
インタビューほか文春文庫40周年記念特別コラム 石田衣良 20代の僕が驚愕した青春小説(2014.04.15)
インタビューほか公開対談 辻村深月×円城 塔 小説で“事件”を描くとは(2014.06.27)