書評

続々寄せられた感動の声。
『はなちゃんのみそ汁』400字感想文

文: 「本の話」編集部

『はなちゃんのみそ汁』 (安武信吾・千恵・はな 著)

 乳がんで亡くなった母・千恵さんに教わったレシピで毎朝みそ汁を作るはなちゃん。『はなちゃんのみそ汁』(文春文庫)は、今年8月に24時間テレビでドラマ化されて多くの人の涙と感動を誘いました。2015年には映画化も決定しています。  400字以内の読書感想文を募集したところ、多くの投稿をいただきました。そのなかから5通を御紹介します。  安武信吾さん、はなちゃんから、読者の皆様へ御礼の言葉も届いています。

安武信吾さん、はなちゃんから御礼の言葉

 家族の物語を出版するということは、自分たちのありのままの過去と今を世間にさらけ出すことです。
 間違った判断もあるし、大人としての未熟さも本から読者へと伝わります。
 自分の言葉の足りなさから誤解も生まれる。「家族を書く」ことはとても難しく、勇気が必要な作業でした。
 ネット上では「死んだのは自業自得だ」「はなちゃんがかわいそう」などと書き込まれることもあり、うまく伝わらないもどかしさを感じることもありましたが、そんなマイナスの感情が消えてしまうほどの温かいお手紙やメールをたくさんいただきました。
 読者の皆さんが自分の暮らしとぼくたちの暮らしを重ね合わせ、そこから読み取っていただいた大切な気付きは、ぼくと娘にとっても新たな気付きとなりました。
「うちの子が『はなちゃんみたいになりたい』と言って、みそ汁をつくってくれました」というメッセージが画像付きで届きます。
 笑顔で溢れる家族の食卓を想像することは、ぼくと娘の「生きる力」になりました。
 朝夕、娘と一緒に台所に立つことが、今一番幸せを感じる時間です。
 料理をつくりながら、娘がいろんな話をしてくれます。
 子育ては本当に楽しい。家族の時間を大切に、一日一日を丁寧に生きていきたい。
 読者の皆さんの感想を読みながら、生かされている奇跡と娘と暮らせる幸せを噛み締めています。
(安武信吾)

 たくさんの感想文をありがとうございます。
 私は朝起きて、みそ汁を作りたくないときもあるけれど、感想文の内容を思い出して、気合いを入れて台所に立ちます。
 そんなときは、「よくがんばったね」とほめてくれるお母さんの声が聞こえてきます。
 小学5年生のときから料理教室に通い始めました。最近、「揚げ物」にはまっています。
 冷蔵庫にある残り物をじゃんじゃん揚げます。「あるものでつくる」とお父さんが喜びます。
 包丁研ぎも練習中です。その包丁で、魚をさばいてお刺身をつくり、お父さんをもっと喜ばせたいと思っています。
(安武はな)

はなちゃんのみそ汁
安武信吾・千恵・はな・著

定価:本体580円+税 発売日:2014年08月06日

詳しい内容はこちらこの作品の特設サイトはこちら


 こちらもおすすめ
書評はなちゃんに贈られた一生のプレゼント 親が子にしてやれること(2014.08.26)
書評感動の書籍刊行から2年半 文庫版あとがき「その後のこと」(2014.08.21)
特設サイト安武信吾・千恵・はな『はなちゃんのみそ汁』(2012.03.12)