インタビューほか

誰でも簡単! 外国風洗練インテリアの部屋にする裏ワザ大公開。<後編>

「本の話」編集部

『ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり インテリア垢抜けテクニック50』 (ヘザー ブラッキン著)

ヘザー 日本の場合、寝室のドアを閉める方が多いですが、海外では開けっ放しで、寝室が丸見えなんですね。見られても恥ずかしくない状態にしているし、海外では「どうぞ見てください」って感じなんですよ。寝室のドアを開けておくことで、狭い廊下に寝室の窓の光が入ってきて、開放感が生まれるという意味もあります。基本的に欧米では、家の中を隠したりしませんね。逆に初めて訪問すると「私の家、見て!」って感じで、「ここがベッドルーム、ここがバスルームよ。クローゼットの中も見て」と案内されるくらいで、家が自慢なんですよ。

児玉 枕カバーは手作りですか?

ヘザー これはイケアで買ったリネンのものです。

児玉 この寝室の壁を、本を作っている最中に塗り替えたんですよね。

意外とカンタンにできる壁塗り

 日本人にとって、壁を塗り替えることはものすごい重労働に思えるんですが、今回初めて挑戦してみたら本当に簡単で。ムラができても二度塗りしたらわからなくなりましたし、楽にできました。

ヘザー 1日でできましたね。

児玉 ひとりでやると大変だと思うんですけど、仲間を呼んで「ペイント・パーティー」を開催しようというのがヘザーさんのアイデアですね。

ヘザー 初めてペンキ塗りをやったのはベルギーにいたときだったんですが、友達にきてもらって、音楽をかけてみんなでおしゃべりしながらペンキを塗って、終わったら宅配ピザを食べてビールを飲んで……というのがすごく楽しかったんです。今回は、キッシュとサラダとチキンの煮込みを作りました。

ペイントの後のお楽しみにはこれ!

児玉 デザートの、ギネスビールを使ったチョコケーキもおいしかったです。

ヘザー これは、ナイジェラ・ローソンさんというイギリス人の料理研究家のレシピを見て作りました。普通のチョコレートケーキよりコクがあって、おいしいんです。酔いませんので、お試しください(笑)。

児玉 このときも「ファロー&ボール」のペンキを塗りましたね。

ファロー&ボールのペンキ

 ここのペンキは、ホームセンターで売っているペンキと比べて、色が柔らかいんですよね。日本の狭い住宅にも馴染みやすい色だし、乾燥も早いですね。

ヘザー 寝室を塗るときって、気になるのはニオイですよね。でも塗った日の夜、まったく問題なく寝室で寝ることができました。変なペンキのニオイがしなくて、すぐに普通の生活に戻れたので、よかったです。

【次ページ】素敵な花の飾り方

ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり
インテリア垢抜けテクニック50

ヘザー ブラッキン・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2016年11月14日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか誰でも簡単! 外国風洗練インテリアの部屋にする裏ワザ大公開。<前編>(2016.12.07)
インタビューほかひとり東京に来た経緯を正直な気持ちで綴った(2016.11.30)
書評自分らしいDIYのすすめ(2011.06.20)