本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
江夏の21球、天覧ホームラン…球界の歴史を覆す新事実を発掘

江夏の21球、天覧ホームラン…球界の歴史を覆す新事実を発掘

「本の話」編集部

『プロ野球「衝撃の昭和史」』 (二宮清純 著)

出典 : #本の話
ジャンル : #ノンフィクション

――他にも、天覧試合、小川健太郎の背面投げ、江川卓の甲子園、日本シリーズ阪急対ヤクルト戦(昭和53年)での上田利治監督の抗議など、いまもファンの記憶に鮮やかな場面が取り上げられています。12の“伝説”を選ばれた基準は何だったのでしょう。

二宮 古い話を除いては、自分がリアルタイムで見て強く印象に残っていたものが中心です。たとえば江川卓。昭和48年の春のセンバツ開幕戦で、ダイナミックなフォームから、これまで見たこともない剛速球が投げ込まれるのを見て、本当に驚きました。19三振を奪って完封勝ちした後に、江川が「今日は調子が良くなかった」とコメントしたときには、さらに驚かされましたけどね。

 相手がバントでゆさぶろうとしても、江川の球はバットの上を通り、まともに当てることすらできない。大変な投手が出てきた、と興奮しましたよ。だって、江川の試合を見た夜にプロ野球中継を見ると、プロの球が遅く感じたんですから。

――巨人のV9や黒い霧事件など、この本には収められていない“大事件”もたくさんありますね。

二宮 そうなんです。巨人がV9を決めた昭和48年、2位阪神は残り2試合で1勝すればいい、という圧倒的優位にあったのに、なぜ2試合とも惨敗したのか、大いに疑問です。江川の“空白の1日”も謎だらけですしね。

 実は巨人に関しては、ある有望投手が突然、世を去ったことがあります。この真相についても取材しているのですが、関係者の口が重い。宿題が残った感じです。球界の伝説はまだまだ尽きません。この連載は、これまでの仕事中で最も楽しんでやれました。だって、早く次の〆切が来ないかな、と毎回ワクワクしたことなんて、これまでありませんでしたから(笑)。

プロ野球「衝撃の昭和史」
二宮清純・著

定価:788円(税込) 発売日:2012年10月19日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る