インタビューほか

著者インタビュー 奈良橋陽子
「キャスティングはマジック。新しい才能と出会うとワクワクします」

「本の話」編集部

『ハリウッドと日本をつなぐ』 (奈良橋陽子 著)

『ハリウッドと日本をつなぐ』は、キャスティング・ディレクターや演出家として長年、多くの日本人俳優を世界に紹介してきた奈良橋陽子さんの初の著書です。本のなかで、渡辺謙や菊地凛子をハリウッド映画にキャスティングして国際俳優になるきっかけをつくったエピソードなどが綴られています。

シャーロット・ケイト・フォックス

――9月から始まるNHKの朝ドラ「マッサン」のヒロイン、シャーロット・ケイト・フォックスさんのキャスティングにも、ご協力されたそうですね。

奈良橋 「国際色豊かなドラマをつくりたい」というNHKの意向を受けて、私の会社のスタッフが連続テレビ小説『花子とアン』で英語のダイアローグ・コーチをしたり、いろいろと協力させていただいていたんです。その延長で、今回のヒロイン探しの話もきたんです。『マッサン』の外国人ヒロインを探しているということで、候補者の一人としてシャーロットを紹介したんです。応募してきた彼女の経歴を見ると、私が学んだ演劇学校の先輩が教えていたんですね。その先輩に聞くと、「彼女ならOK!」ということだったので、私も自信を持ってNHKに推薦したんです。初めての日本で、初めての日本語という大変なチャレンジですが、シャーロットには本当に頑張ってほしいですね。

――本書のなかでは、奈良橋さんが学生時代に学んだ英語劇の恩師であるリチャード・ヴァイアさんが提唱された、「Talk & Listen」という演劇理論が、奈良橋さんの人生におけるテーマとして何度も出てきます。

奈良橋 たんに演劇だけではなく、コミュニケーションの原点だと私は考えています。自分のことを真剣に話し、相手の言うことをしっかりと聞く――Really Talk & Really Listen は、簡単にできそうですが、実践するのは凄く難しいことです。それを実現するには、相手とのコミュニケーションが重要。演技では相手との一瞬一瞬のコミュニケーションが大事で、それがないと嘘の芝居になってしまう。そこが、ドラマの凄さです。そして、それは人生でも同じです。年をとると、一期一会のありがたみがよくわかります。「あ、またね」と通りすぎてしまったら、二度と会えないかもしれない。一瞬一瞬を大事にすることを、私は演技から学びました。

――今後の奈良橋さんの活動は?

シャーロット・ケイト・フォックスと著者

奈良橋 これからは映画をつくっていきたいですね。俳優の場合は、謙さんや凛子さんなど、かなり活躍していますから、次は作品。オリジナルの脚本で、私がキャスティングし、監督をした映画で、世界と勝負したい。いま中国や韓国の映画監督は頑張っているけど、日本人は滝田洋二郎監督が『おくりびと』でアカデミー賞外国語映画賞をとりましたが、まだまだですからね。

――最後に読者へのメッセージを。

奈良橋 本書のなかで、ハリウッド映画の舞台裏やスターたちの興味深いエピソードをたくさん書きました。もちろんそれを楽しんでもらいたいのですが、同時に、夢を追いかける素晴らしさも読者の方々には知ってほしい。夢を追いかけたっていいじゃないかって、声を大にして言いたいですね。私にしろ、朝ドラで頑張っているシャーロットにしろ、みんな一緒です。だから、自分を見失っていたり、自信を失っている人には、ぜひ読んでほしい。そんな人の、ちょっとしたヒントになれば本望です。

ハリウッドと日本をつなぐ
奈良橋陽子・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2014年09月22日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか映画はロードショー初日に観に行きたい!(2009.06.20)