書評

臆病者が“賢明な投資家”になるには

文: 橘 玲 (作家)

『臆病者のための株入門』 (橘玲 著)

 投資の世界には二種類のひとがいて、『一日五分でらくらく一億円儲かる!』(仮題)という本を手にしたときに、どちらのタイプかわかる。

 お調子者は、「そんなウマい方法があるなら自分も億万長者になりたい」と飛びつく。臆病者は、「そんなのバカバカしい」と思うのだが、じつはちょっとだけ気になっている。

 巷にあふれる株の入門書や株雑誌は、お調子者のためにつくられている。そこに共通する“思想”は、「らくらく儲かる」だ。世の中には、空からお金が降ってくると信じているひとがじつにたくさんいるのである。

 昨年十二月のジェイコム株誤発注事件で、クリックひとつで二〇億円を超える利益を手にした二十七歳無職の男性が話題になったが、これこそまさに彼らの理想である。それ以来、日本じゅうのお調子者が一攫千金を目指して株式市場に集まってくるようになった。株価もうなぎ上りで、だれもが次の幸運は自分に訪れるにちがいないと夢みていた。

 今年一月、株式市場をライブドアショックが襲った。日経平均は一〇%ちかくも値下がりし、連日のストップ安で株価が十分の一になってしまったライブドアの株主はもとより、IT銘柄や中小型株を信用取引で買っていた投資家も大きな損害を被った。

 彼らがなぜ新興市場の株式を好むかというと、少額から投資でき、なおかつ値動きが大きいからである。一〇万円しかお金がなくても、信用取引なら三〇万円分の株が買える。短期間で株価が四倍になれば資産総額は一二〇万円だから、あっというまに十倍の儲けだ。宝くじや競馬と比べても、こんなに資金効率のいいギャンブルはほかにはない。そのうえ、市場が過熱しているときはかなりの確率で儲かるのである。

 ところが、ここにひとつ問題がある。株式市場は複雑な世界(スモールワールド・ネットワーク)であり、そこではだれも明日を知ることはできないのだ。

 一月十七日、一部ネット証券がライブドア関連銘柄の担保価値をゼロにしたことによって連鎖的なパニック売りが始まり、日経平均は一瞬のうちに一〇〇〇円以上暴落、東証の取引システムは崩壊した。複雑系の理論では「ブラジルで蝶が羽ばたくとテキサスで大竜巻が起きる」とされるが、このバタフライ効果が株式市場でもはたらいていることが如実に示されたのだ。

 どのようなギャンブルも、永遠に勝ちつづけることはできない。幸運なギャンブラーほど賭け金の総額が大きくなっているから、予測不可能ないちどの負けで簡単に破滅してしまう。株式市場の歴史は、そうした投機家たちの墓標によって刻まれている。

【次ページ】

臆病者のための株入門
橘玲・著

定価:本体750円+税 発売日:2006年04月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評ソロスから学んだこと(2014.05.28)
インタビューほかスラップスティックな物語に経済理論をあてはめる(2007.11.20)
書評証券市場を席巻する超高速取引業者 次の狙いはネット広告市場か?(2015.01.06)
インタビューほか熱狂の時代の夢よ再び(2014.10.15)
特設サイト細野真宏『『ONE PIECE』と『相棒』でわかる! 細野真宏の世界一わかりやすい投資講座』(2013.04.26)