インタビューほか

公開対談
浅田次郎×林真理子
「小説講座・人物造型の舞台裏」

第150回記念芥川賞&直木賞FESTIVAL

菊池寛が昭和10年に創設した芥川賞、直木賞が150回を迎え、記念イベント「芥川賞&直木賞フェスティバル」が丸の内・丸ビル1階「マルキューブ」にて2014年3月1〜2日に開催されました。 このイベントの「トリ」をつとめられた、林真理子さんと浅田次郎さんによる対談を再録してお届けします。

小説における人物造形

 講談社は赤坂にあった吉川英治さんの旧居を缶詰め部屋にしてましたね。あの頃、私は1ヶ月ぐらいホテル住まいして、あとは自分のお金でまたホテルにずっとい続けて、季節が変わっちゃうなんてことがよくありました。すごくつらい日々だったな、あの頃って。外に出かけないから髪もボサボサで。いま若い作家は缶詰めってあんまりしないでしょ?

――真面目な方が多くなりましたから。お集まりの方々にご説明すると、出版社は作家用の執筆部屋を持っていまして、流行作家の方に、いまはほかの社の仕事されては困るよっていう場合に、そういうお部屋に、まあ軟禁状態にするわけです。「あとはよろしくお願いします」と言って、われわれは部屋を去るんですが、「頑張ります」と言いつつ、よその社の原稿を書いてることが多々あるんですね。翌朝行っても、1行も進んでいない(笑)。

 今日は小説の名手といわれるお二方をお招きしてるので、小説の書き方について少しみなさんにご披露いただけたらと思ってます。私は特にお二方の書くユーモア小説が大好きなんですが、小説における人物造形はどうなされてゆくのか、作家はどこから主人公を発想し、どう肉付けしていって、あの名作のあの人物が誕生するのか、そんなお話をうかがえたらなと思っています。まず浅田さんには『黒書院の六兵衛』のお話をしていただけないかと。

浅田 『黒書院の六兵衛』という作品を、最近、出しました。これは主人公が最初から最後まで口を利かない、セリフがないという話なんです。面白いからぜひ読んでください。

――内容を簡単にご説明します。幕末、勝海舟と西郷隆盛の談判によって江戸の無血開城がなされて、幕臣たちは江戸城を退去しなければならなくなる。ところがただひとり、無言のまま江戸城に居座り続ける武士がいる。この武士はいったい何者で、なんの目的で、江戸城内にひとり居座るんだろうというのを描いてゆく。

浅田 すみません、その侍はずっと座っているんです、江戸城のなかで。座る場所がときどき変わっていくんだけど、出世していく。だんだんといい部屋にひとり勝手に移っていく。だから周りの人が困って、「あれは誰なんだろう? 何者なんだろう?」っていう話を、上下巻で書いたんです。

 これはどこで思いついたかというと、夢に見たんです。江戸城のなかで知らない侍と鬼ごっこをしている夢。これが面白くてね。これはもらっちゃったと思って、新聞連載を始めたんですけども。僕は、夢って自由自在に見られるんですよ。寝てる途中でトイレに行くときなんかでも、半分目をつぶってトイレに行って戻ってきて、よし続きを見るぞって思うと、だいたい見ることができる。

――うらやましい。

【次ページ】作家にとっての“武器”


 こちらもおすすめ
インタビューほか公開座談会 角田光代×奥泉光×鵜飼哲夫「芥川賞、この選評がおもしろい」(2014.07.17)
インタビューほか北村 薫×桜庭一樹×宮部みゆき ビブリオバトル「直木賞受賞作、私のこの“1冊”」(2014.07.16)
インタビューほか公開対談 北方謙三×川上弘美 作家として書き続けること(2014.07.11)
インタビューほか公開対談 島田雅彦×桜木紫乃 小説の中の男と女(2014.07.04)
インタビューほか公開対談 辻村深月×円城 塔 小説で“事件”を描くとは(2014.06.27)
インタビューほか公開対談 綿矢りさ×道尾秀介 小説家は幸福な職業か?(2014.06.20)
特設サイト第150回記念「芥川賞&直木賞フェスティバル」(2014.01.29)