インタビューほか

執筆裏話満載! 担当者が語る『大名倒産』泣きどころ、笑いどころ

連載中から「面白い!」の声続々。笑いと涙の経済エンターテインメント。『大名倒産』(浅田 次郎・著)

執筆裏話満載! 担当者が語る『大名倒産』泣きどころ、笑いどころ

佐渡金山の資料館に展示された大判小判。時につれ段々小さく……

司会 「大名倒産」は月刊文藝春秋2016年4月号~19年9月号に連載されていました。そして、いよいよ単行本(上下巻)が12月6日に発売されます。刊行にあたって、雑誌で連載を担当していた「ゆとり世代」のIさんと、単行本を担当した「ロスジェネ世代」のHさんに集まってもらい、執筆裏話を伺いたいと思います。

『大名倒産 上』(浅田次郎 著)
『大名倒産 下』(浅田次郎 著)

I&H よろしくお願いします!

司会 まずは雑誌担当Iさんに連載開始の頃の話を伺いましょうか。

浅田次郎の鉄板ネタ

I 「大名倒産」というタイトルは割と早い時期に決まっていたと思います。浅田さんは、江戸時代の藩経営は、現代の会社経営に通じるというお考えを前々から持っていて、よくお話を伺ってました。

H 浅田さんが企業向けになさる講演会の鉄板ネタがあるんです。それは、「江戸時代には老中という、今の会社で言えば重役にあたる役職がありましたが、なんと、その数の半分以上は幕末に偏っているのです。つまり、組織が揺らぎ始めると老中(重役)がばたばた交代して人数だけが増えていく」という話。ここまで聞くと、聴衆はフムフムと頷いて、前のめりになります。

I いつの時代も変わらないんですね。

H 「大名倒産」は、そのような現代的なテーマを江戸を舞台に書こうとなさっていたんだと思いますし、実際そうなっていますね。

大名倒産 上浅田次郎

定価:本体1,600円+税発売日:2019年12月06日

大名倒産 下浅田次郎

定価:本体1,600円+税発売日:2019年12月06日


 こちらもおすすめ
インタビューほか江戸を知れば、現代の問題も解決できる(2019.12.06)
ニュース「まるごと浅田次郎 ビブリオバトル2019」で『月島慕情』(文春文庫)がチャンプ本に!(2019.12.06)
書評徳川二百六十余年の平和を現出させたバックボーンこそが、『黒書院の六兵衛』(2017.01.15)
インタビューほか6篇の舞台の中で“人間”を描く。(2016.02.02)
書評頭より心で読む、物語を体感する短編集(2016.02.01)
インタビューほか〈特集〉浅田版「新選組」 糸里が生きた「輪違屋」の魂(2004.05.20)
書評〈特集〉浅田版「新選組」 芹沢鴨のこと(2004.05.20)
書評〈特集〉浅田版「新選組」 侍にも優る気概をもった女たち(2004.05.20)
インタビューほか〈特集〉浅田版「新選組」──新選組が出ていったときはスッとしたそうです(2004.05.20)