2018.03.05 特集

【冒頭試し読み】億男

文: 川村 元気

映画化決定! 本屋大賞ノミネート作品、ついに文庫化

宝くじが当選し、突如大金を手にした一男だが、三億円と共に親友が失踪。「お金と幸せの答え」を求めて、一男の旅がはじまる!

『億男』(川村元気 著)

 お金があれば幸せだ、ということをもはや誰も信じていない。大金持ちになり、瀟洒な家に住み、豪華な食事をすることが万人の求める幸せではなくなった。インターネットやテレビには、家庭が崩壊してしまった億万長者や、刑務所に入ってしまった成金のニュースがあふれている。

 けれども、お金がなくても幸せだ、というのがまやかしであることも皆が知っている。大事なのは富ではなく心の豊かさだ、なんて言葉を信じることができるだろうか。もしそれが本当だとしたら“お金では買えない幸せ”とやらを見つけた人に、もっと出会ってもいいはずだ。

 一男は、並んだ三億円の上に胡座をかきながら、お金と幸せの関係について考え続けた。けれども、その答えは見つかる気がしなかった。思わず、福沢諭吉に訊ねる。

「……お金と幸せの答えを、教えてください」

 床に並んだ福沢諭吉たちが眉間にしわを寄せ、一斉に考え始めた。唸り声すら聞こえてきそうな熟慮の表情だ。何か答えがあるのかもしれないと、一男はじっと彼らを見つめる。

「それはですな。うーんと、あれですな……」何かを閃いたのか、福沢諭吉が語り出す。「お金と幸せの答えというのは、つまるところ、あの、その……僕もずいぶん長いこと考えてるんだけど、ぜんぜん分かんないの。ごめんね」

 間の抜けた妄想が終了し、一男は脱力して三億円の上に寝転がる。ふと下に目を向けると、紙幣の中から福沢諭吉たちが一男を見つめている。

 その顔は、まだ答えを探しているように見えた。



こちらもおすすめ
ニュース『億男』文庫発売記念キャンペーン あなたの“幸せ”は、おいくらですか?(2018.03.05)
特設サイト本屋大賞ノミネート作、ついに文庫化! 川村元気『億男』(2018.03.05)
特設サイト川村元気、2年ぶりの最新小説『四月になれば彼女は』(2016.11.01)
億男川村元気

定価:本体680円+税発売日:2018年03月09日