特集

【冒頭試し読み】億男

文: 川村 元気

映画化決定! 本屋大賞ノミネート作品、ついに文庫化

宝くじが当選し、突如大金を手にした一男だが、三億円と共に親友が失踪。「お金と幸せの答え」を求めて、一男の旅がはじまる!

『億男』(川村元気 著)

 大作家でありながら清貧を貫いたトルストイは、お金との決別を宣言した。だがここにも、隠された事実がある。彼の妻は極度の浪費家で、夫婦生活は絶えず喧嘩ばかりだった。八十二歳の彼は耐えかねて家出をし、真冬のロシアの街を三日三晩歩き通した末に、駅舎で倒れ息を引き取った。

 一男もトルストイと同じだった。どんなに目を背けても、お金の奴隷であることに変わりはなかった。

 仕事を終えた一男は、真っ暗な裏口からパン工場を出る。瞬間、吐く息が白くなる。安物の腕時計を見ると、三時を過ぎていた。眠気と疲労で体は重く、自分の体ではないようだった。工場の隣にある寮に向かって、砂袋を引きずるような足どりで歩き、鈍い金属音を立てながら階段を上がる。二階に並ぶ薄い木製のドアを開けると、黒と白とグレーのマーブルが美しい子猫が目を覚まして、一男の足元にすり寄ってきた。

 工場の裏手に住み着いている野良猫が、先月たくさんの子猫を産んだ。休憩時間に覗きにいくと、一匹の子猫と目が合った。猫を飼う余裕は到底なかったが、気づけば家でミルクを与えていた。

「ちょっと待ってて、マーク・ザッカーバーグ」

 一男は、若くして億万長者となった男の名前を冠する子猫にキャットフードと水をやる。ずいぶんとかわいらしいIT長者が食事に夢中になっているすきに、部屋を出て共有スペースにあるシャワーを浴びた。外を歩いて部屋に戻ってくるまでのわずか数十秒で、濡れた髪の毛が氷のように冷たくなっていた。急いで湯を沸かし、インスタントの珈琲を淹れる。買い置きしていたバナナと、工場から支給された食パンで朝食を済ませテレビのニュース番組を見ていたら、ガクッと電池が切れるかのように眠ってしまった。



こちらもおすすめ
ニュース『億男』文庫発売記念キャンペーン あなたの“幸せ”は、おいくらですか?(2018.03.05)
特設サイト本屋大賞ノミネート作、ついに文庫化! 川村元気『億男』(2018.03.05)
特設サイト川村元気、2年ぶりの最新小説『四月になれば彼女は』(2016.11.01)
億男川村元気

定価:本体680円+税発売日:2018年03月09日