インタビューほか

『熱帯』森見登美彦 「幻の本についての小説を書いてみたいと思っていた。」

森見登美彦

──登美彦氏による書き下ろしエッセイ

『熱帯』森見登美彦 「幻の本についての小説を書いてみたいと思っていた。」

『熱帯』(森見登美彦 著)

 の本についての小説を書いてみたいと思っていた。

 これは多くの小説家が一度は考えてみることではなかろうか。本にかかわる仕事をしているからこそ、本の中に本が登場する不思議さに心惹かれる。そういうわけで私は、作中に『熱帯』という幻の小説を登場させ、「『熱帯』という小説をめぐる『熱帯』という小説」を書いてやろうと目論んだのだった。いや、ほんの出来心だったのであります。

 しかし書き始めて、これがたいへん厄介な題材であることに気づいた。

「幻の本」であるからには、それが「幻の本」である理由を説明しなくてはならぬ。作中に登場する『熱帯』にはどんな秘密が隠されているのか。そのことについて考えをめぐらせるうちに、そもそも本を読むとはどういうことなのか、小説とは何なのか、どうして自分は小説を書くのかといった、ちょっと手に負えない「根源的な問い」が、次々と作品の中へ入りこんできた。その結果として『熱帯』は脱出不可能な迷宮と化し、どうすれば元の世界へ帰ることができるのか分からなくなった。ああでもないこうでもないと苦しんでいるとき、『熱帯』が私の脱出を阻んでいる気配をひしひしと感じた。自分は『熱帯』を書くつもりだったが、どうやら逆に『熱帯』が私を罠にかけたらしい。『熱帯』とは、迂闊に近づく人間を難破させる「魔の海域」の別名であったのである。

 ひとまず完成させた今でも、本当の意味で書き終えたとは思えない。

『熱帯』はまだ続いている。

森見登美彦

特設サイトへ


こちらもおすすめ
ニュース『熱帯』(森見登美彦・著)発売記念 《暴夜書房》を実際につくっちゃおうプロジェクト(2018.11.14)
ニュースこの本を最後まで読んだ人間はいない──お待たせしました! 森見登美彦『熱帯』11月16日に発売です(2018.10.15)
熱帯森見登美彦

定価:本体1,700円+税発売日:2018年11月16日