特集

魔力を秘めた本たち──森見登美彦が選んだ究極の「奇書」55冊

『熱帯』(森見登美彦・著)

まさに耽溺という言葉がぴったりな「読む快楽」を教えてくれる小説『熱帯』を刊行した森見登美彦氏が、負けず劣らず風変わりで魅惑的な「ぜひとも読んでみたい!」本を厳選。

『熱帯』に登場する、奇想天外な本ばかり扱う《暴夜書房》には「きっとあるはず」と、全国のみなさんが「#暴夜書房」で投稿してくださった750件の推薦書から選び抜いたのは……この55冊でした!

よくぞこんなに

寄せられた中で、すでに読んでいたものや、みなさんがきっとこの先どこかで出合えるだろうと感じたものは泣く泣く省き、いま出合えなければ! という本を優先して頂きました(他でも出合えるだろうけども、ここで出合って欲しいとつい思ってしまったものはセレクト)。

また、同じ本をあげてくださっている方が複数いらした場合、より「おすすめポイント」に惹かれた投稿を選ばせて頂きました。

気になったものはノートに書き写して吟味

【次ページ 読んでみたい、魅惑的すぎるベスト4!】

特設サイトへ


こちらもおすすめ
書評夢の中で夢を見ているような感覚 森見登美彦「熱帯」の魅力とは 野谷文昭『熱帯』(森見登美彦 著)を読む(2018.12.28)
インタビューほか『熱帯』森見登美彦 「幻の本についての小説を書いてみたいと思っていた。」(2018.11.21)
ニュースこの本を最後まで読んだ人間はいない──お待たせしました! 森見登美彦『熱帯』11月16日に発売です(2018.10.15)
熱帯森見登美彦

定価:本体1,700円+税発売日:2018年11月16日