インタビューほか

もがき、苦しんでいた5年前のわたし。「自意識過剰で馬鹿だなあ」と笑って下さい

村田沙耶香

『きれいなシワの作り方』(村田沙耶香 著)

『きれいなシワの作り方』(村田沙耶香 著)

 この本が単行本になったとき、「あとがき」に、「このエッセイが始まったのは、2013年の10月30日。そして今は、2015年の8月17日。」と書いた。

 今日は2018年の9月20日。私は39歳になった。

 文庫化にあたって、ひさしぶりにこのエッセイ集を読み返した。「もがいていたなあ」ととても驚いた。今では恥ずかしくないことを恥ずかしがったり、怖くないことを怖がったりしている。5年という年月で、人は変わるものだと思う。

 単行本のときにゲラをしっかり見たつもりだったので、きっと直したいところはあまりないだろう、と思った。けれど実際には、自身の価値観が変わっていたりする部分もあり、この文章をそのまま出していいのだろうか、と悩んだりもした。でも、これが当時の自分なのだと思い、少し訂正するだけに留めた。


 こちらもおすすめ
特集芥川賞受賞作『コンビニ人間』を、コンビニで働く人たちが読んでみた(2016.12.02)
きれいなシワの作り方村田沙耶香

定価:本体690円+税発売日:2018年12月04日