書評

私が無人島にこの本を持っていく理由

文: 小川 糸 (作家)

『星の王子さま』(サン=テグジュペリ 著 倉橋由美子 訳)

『星の王子さま』(サン=テグジュペリ 著 倉橋由美子 訳)

 今回、私は久しぶりに王子さまと再会したのだが、四十代となった私に新たな気づきをもたらしたのは、死に関しての記述だった。おそらく、十代や二十代で読んだ時は、王子さまの最後をほとんど意識していなかったような気がする。けれど今回改めて読み、王子さまと死が明確に結びついた。

 王子さまは、言う。 

「わかるよね。遠すぎるんだよ。ぼく、この体をもって帰るわけにはいかないんだ。重たすぎて」

「体って、捨てられた古い貝殻みたいなものだ。悲しくなんかないよ。古い抜け殻なんて……」

 バラの花に再会するため、王子さまは自らの死を選ぶのだ。そして、砂漠の中で井戸を探す前、狐のことを思い出して、「私」にこんなことも語っている。

「死ぬことになったとしても、友だちがいたというのはいいことだよ。ぼくはね、狐と友だちになれてほんとに嬉しい」

 ここまで私が強烈に死の匂いを感じたのは、やはり訳者である倉橋由美子さんによるところが大きいのだろう。

 友情にせよ愛にせよ死にせよ、『星の王子さま』に書かれているのは、生きることのままならなさだ。だからやはりこの本は、最初にサン=テグジュペリが書いている通り、大人に向けて書かれた物語なのである。

 人は決して、自分の思うようには生きられない。時に翻弄され、流されながらも己を信じて生きていくしかない。王子さまも、自ら死を選ぶが、それは肉体における死であって、魂の死滅ではない。

星の王子さまサン=テグジュペリ 倉橋由美子訳

定価:本体470円+税発売日:2019年05月09日


 こちらもおすすめ
書評作家・倉橋由美子が全力を尽くして翻訳した最後の作品(2019.06.04)